安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1735582

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/05/16

阪神は優勝できない・和田監督は凡将2

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『阪神は優勝できない・和田監督は凡将2』

 

野球に興味のない方、また阪神ファン以外の方にはどうでもよい話です。

 

今シーズンの阪神の優勝は無いでしょう。巨人とヤクルトを3タテして、6連勝で首位巨人とのゲーム差を1.5に縮めましたが、交流戦の初戦・オリックス戦の采配を見てあらためて確信しました。

 

もっとも、巨大戦力の巨人を前にすれば、いまさら大上段に言うまでもないことではありますがね。しかし、もし今シーズン指揮を執っているのが落合であれば、もしかしたら巨人に苦杯を飲ませることができたかと思うと、残念でなりません。

 

今年の阪神は監督次第で優勝できるだけの戦力は整っているようです。しかし、如何せん監督が和田では望み薄と言わざるを得ません。以前は継投で苦言を呈しましたが、今回のオリックス戦では攻撃の方で疑問というか、がっかりする采配がありました。

 

6回裏だったと思います。それまで、0-0の膠着状態で、阪神は2番の大和がヒットを放ち、ノーアウト1塁で、打者鳥谷という場面を迎えました。

 

3番の鳥谷に犠牲バントはありませんから、私は大和の単独盗塁かヒット&ランだと思っていました。オリックスの投手は右腕の外国人だったので、どちらにしても何かを仕掛けると思っていました。

 

そして、2ボール・1ストライクという絶好のカウントになりました。こういう場面ではヒット&ランが常套です。大和は瞬足、鳥谷は左打者ですから、引っ張って1,2塁間を破れば1,3塁とチャンスが広がります。

 

内野ゴロでもダブルプレイは無くなり、仮に鳥谷が空振りをしても、盗塁成功の可能性も高いのです。ところが、和田は無策でした。その結果、遊ゴロで2塁アウトとなりました。

 

結果論ですが、もしヒット&ランを掛けていれば、左打者の鳥谷に対しては、2塁にはショートが捕球に入るのが常識です。そうなれば、遊ゴロはレフト前のヒットになっていたのです。打球の弱さから1,3塁になっていたでしょうし、ショートが追いついたとして

も、どこにも投げることはできなかったでしょう。

 

結果論と言いましたが、決して無茶なことを言っているわけではありません。むしろ常識過ぎることを言っているだけだと思います。落合なら、いや12球団の内、10人の監督はヒット&ランのサインを出していると思います。0-0の膠着状態を打破するためには、思い切った手を打つことが肝要です。それこそ、落合であれば初球にサインを出しているかもしれません。

 

ゲームの流れを読む、機を見て敏、こういうことが和田は分からないのです。残念ながら今年の阪神に優勝は無いようです。

 

中日の状態が悪いですね。チームに内紛もあるようですが、落合の力量がわかるというものです。もし、阪神が本気で優勝をしたいのなら、今シーズン優勝を逃すであろう和田を解任して、落合を監督にすることでしょうね。何度も言いますが、個人的には嫌いでも、彼しか手はないでしょう。

 


22:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(21) | 野球