安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1735577

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー12人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2014/06/21

サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評』

 

「実は悪くない引き分けと、岐路に立たされた日本サッカー・まやかしの攻撃力」

 

前回、大量得点差での勝利が必要と書いたが、残念ながらGリーグ第2戦は0-0のスコアレスドローに終わり、事実上敗退が決定した。日本が決勝Tに進出するためには第3戦のコロンビア戦に勝利が大前提で、コートジボワールがギリシャに敗れれば問題なく進出できるが、引き分けだと、得失点、総得点の関係が複雑に絡んでくる。そうなると、日本はたとえば1-0で勝利しても敗退となる。2-1でも難しい。3-2でも、コートジボワールVSギリシャが1-1で同スコアとなる。この場合は直接対決で勝っているコートジボワールの勝ち抜けとなる。つまり、コートジボワールがギリシャと引き分けならば、日本はコロンビアに2点以上の差をつけての勝利が必要なのである。

 

言うまでもなくコートジボワールがギリシャに勝てば、日本は敗退である。事実上と言ったのはこのことである。1-0での勝利でも難しいのに、引き分けに終わり、さらに追い込まれた形となった。

 

と、おそらくマスコミやTV解説者、素人ゲストは言うと思われるが、私は大量得失点差での勝利でないのなら、なまじ1-0で勝つくらいであれば、引き分けの方が良かったと思っている。勝ち点3より勝ち点1の方が良い?頭がおかしくなったのか、あるいは負け惜しみを言っていると思われるかもしれない。だが、本当にその方が決勝Tへ進む確率は高くなったと思っている。

 

A:現実                             

         勝ち点 得失点 総得点   

コロンビア      6  +4   5     

コートジボワール   3   0   3

日本         1  -1   1

ギリシャ       1  -3   0

 

 

B:日本が1-0で勝利していた場合

 

         勝ち点 得失点 総得点

コロンビア      6  +4   5 

コートジボワール   3   0   3

日本         3   0   2

ギリシャ       0  -4   0

 

日本が1-0で勝っていても、次戦はコートジボワールより上の結果を残さなければならない。日本が負けるかコートジボワールが勝てば無条件敗退だが、コートジボワールが負ければ日本は引き分け以上、コートジボワールが引き分ければ、日本は勝利が必須となる。

 

現実は、コートジボワールが負けても日本は勝利が義務付けられるし、コートジボワールが引き分ければ、日本は2点差以上の差をつけての勝利が必須である。こちらの方が数字的にも条件が厳しく、どこが決勝Tへ進む確率は高くなったというのか、と思われるだろう。

 

だが、何事も表に出ている数字、事実だけを追っていると真実が見えないというのは良くある話である。数字の裏に、ある見えない条件が整っているのだ。と大袈裟に言ったが、たいしたことではない。誰にでもわかることである。

 

それは選手のモチベーションである。もし日本が1-0で勝っていれば、コロンビアの決勝T進出は確定しておらず、引き分け以上が必須となる。負けても得失点の問題は残るが、まずは勝利を目指して全力で来るだろう。

 

現実は日本が引き分けたことによってコロンビアが勝ち抜けが決定した。つまり、日本戦に負けても問題はないのである。よって、日本戦は決勝Tに備えて、メンバーを大きく変えてくる可能性が大である。もちろん、控えのメンバーもレベルが高いだろうし、アピールしようとそれなりに必死に臨むだろうが、それは個々のレベルであって、チームとしてはどうしてもモチベーションは下がる。むろん、無様な大敗は避けたいだろうが、1-3での敗戦であれば許容範囲ではないだろうか。ちなみに、1位抜け、2位抜けの問題も、ウルグアイが2位抜けの可能性が強まり、D組の結果を睨めばどちらが有利かは言えない。

 

一方で、ギリシャのモチベーションも保たれた。日本に0-1で敗れていても、日本がコロンビアに0-2以下で敗れるという前提で、コートジボワール戦次第では可能性があるが、この場合3点差以上で勝たなければならない。これはかなり高いハードルである。これが現実は日本が引き分け以下という条件で、コートジボワールに2点差以上での勝利にハードルが下がった。これはモチベーションを保つには十分な条件である。

 

 

数字で言えば、1-0で勝利していた場合の確率。

 

日本がコロンビアに、     勝利:10%、引き分け:30%、敗戦:60%

ギリシャがコートジボワールに、勝利:10%、引き分け:30%、敗戦:60%

 

これが引き分けによって、

 

日本がコロンビアに、       2点差以上勝利:5%、勝利:15%、

                 引き分け:50%、敗戦:30%

ギリシャがコートジボワールに、  勝利:20%、引き分け:40%、敗戦:40%

 

ぐらいには持ち直したのではないかと思っている。

 

簡単に言えば、

 

1.日本が本気モードのコロンビアに勝利&よりモチベーションの低いギリシャがコートジボワールに引き分け以上の確率と、

2.日本がメンバー落ち、モチベーションの下がったコロンビアに勝利&モチベーションが保たれたギリシャがコートジボワールに勝利する確率、

 

のどちらが高いかということである。

 

たとえば具体的に、日本3-1で勝利&ギリシャ引き分けというのは十分あり得る可ケースだと思うのだが・・・・・。まあ、10%が20%になった程度で苦しい状態には変わりがないが、とにかく日本は勝つ以外にないのだ。まずは2点を目指し、1点取られれば3点、2点取られれば4点取るしかない。2-0でも問題ないが、それより打ち合いになり試合が荒れる4-2の方が可能性がある。

 

 

さてもう一つの副題だが、このギリシャ戦で日本の攻撃力の化けの皮が剥がれたように思う。ギリシャが10人になったのに攻めきれなかったことを言っているのではない。同スコア時点で、相手が一人少なくなるというのは、負けない可能性が高くなるだけで、勝てる可能性はそう高くなるわけではないからだ。というのは、0-0だったので、ギリシャはこのまま引き分けでも良いという考えになった。であれば、これまで1人を前線に残し、カウンター攻撃を狙っていたものを、その一人を外し、守りに徹すれば10人でも11人でも大差はないのである。日本が1-0でリードしていれば、ギリシャはリスクを冒してでも点を取りに来るので、2-0,3-0と差が広がるのだが、同点ではこうなる場合もままあることである。

 

したがって、ギリシャが10人になったことを云々言っているわけではなく、結局のところ、一言で言えば、日本の攻撃力はまだ世界レベルに達していないということがわかった試合だったということである。たしかにアジアでは通用する。親善試合であれば、強豪国にも通用する。だが、W杯本番ではギリシャにも通用しない。その程度だということだ。

 

象徴的な部分で言えば、後半22分の内田のクロスを大久保が外したシーンだろう。たしかに技術的に難しいシュートとなるが、彼がザンビア戦で決めたゴールに比べれば易しいと思う。また、岡崎がゴール前にフリーでいたので、切り返せばヘッドで決めれたかもしれない。(シュートが間違いというのではない)

 

ともかく日本はギリシャから得点できなかった。コロンビアは3点取っている。コロンビアは現在世界のトップレベルのチームだと思うが、日本も攻撃力だけに関しては匹敵するとまではいわないまでも、かなり接近していると思っていた。でも、それは間違いであり、幻想から覚めた試合となった。

 

岐路に立ったというのは、今後の日本の方向性が見えなくなったからである。幻想とは言ったが、とはいえ香川、本田、岡崎らを擁する今の日本代表の攻撃力は史上最強であり、両SBのレベルを加えると、今後彼ら以上の力を持った選手が揃って出現するとは考え難いのだ。

 

何と言っても香川は今シーズンは不調に終わったとはいえ、その多くはモイーズ監督の戦術よるもので、仮にファーガソンがそのまま続けていたら、輝いていた可能性が高いのだ。そのような繰り言を言わなくても、ドルトムントでの実績は異彩を放っている。ACミランではもう一つの本田も日本代表では、かつてない大黒柱の役目を熟している。岡崎はブンデスリーガで15得点という活躍、長友は低迷しているとはいえ、インテルの不動のレギュラー、内田も名門シャルケでレギュラーを確保し、CLの常連となっている。

 

4年後を考えると、香川は29歳だが、他の4人は30歳を超えてしまう。経験値は上がるが、体力的な衰えは否めないのではないか。差し引きすれば、現状維持というのが妥当だろう。となれば、他のポジションのレベルアップが必須となる。しかし、強力なFWと屈強なCBが出現する可能性は低い(身体能力の高いGKも)。といって、南ア大会のように守備的に戦うというのも、賛同しかねる。

 

私の中では、今日の試合は決勝Tに進出する可能性を残す試合ではなく、ギリシャに何点取れるかが焦点だった。同じ引き分けでも3-3の方が遥かに将来性があったのだ。(もっとも、ギリシャが10人になったので展開が変わってしまったが)

最後のコロンビア戦は、ともかく得点を挙げることに徹底して欲しい。皆とは違うと思うが、3点取れれば5失点でも構わない。その方が同じ敗退でも光が射すと思う。

 

その結果、日本3-1で勝利し、ギリシャ引き分けてくれればこの上ない喜びではある。

 

最後に、相変わらず知ったかぶりのMCなどが、「予選」と言っている。予選? アジア予選は終わったが? 正確にはGリーグまたは1次リーグですから。


14:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー