安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1735589

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー24人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/02/19

サッカー日本代表・ブラジルW杯ベスト4への道:その2

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

一昨日に続き、

 

条件1の、日本人選手が、欧州各国の1部リーグに50人以上所属。

 

については、正直に言ってよく分かりません。欧州といっても、50ヶ国以上もあり、弱小国の小さなクラブに日本人選手がいることもあるからです。

事実、ラトビアは日本でテストを行い、何人か獲得したようです。これらが、プロ契約なのか、当面アマ契約なのかも分かりませんので、現状は掴めないということです。

 

条件2の、欧州10大リーグに30人以上所属し、うち20人以上がレギュラーまたは準レギュラー。

 

     昨年度時点でのUEFAランキングと所属選手は、

1.イングランド  香川吉田、宮市

2.スペイン    なし

3.ドイツ     長谷部、内田、岡崎、細貝、酒井高、酒井宏、
               宇佐美、
清武、乾、大前、金崎

      4.イタリア    長友

5.ポルトガル   

6.フランス    なし

7.ロシア     本田

8.オランダ    高木、カレン、安田、ハーフナー、大津

9.ウクライナ   加藤

10.ギリシャ    梶山

 

の23人となっています。

(太字がレギュラーまたは準レギュラー:漏れがあれば訂正して下さい)

 

その他、現在ランキングは12位ですが、近年進境著しいのがベルギーなので、所属する川島、永井、小野を加えると、26人となりかなり近づきます。

ただ、レギュラーまたは準レギュラーとなると、半分の13人となります。

 

この数字をどう見るか、です。私の条件には至りませんが、しかしよくぞここまできたものだ、というのが私の感想です。

 

 

条件3の、欧州4大リーグに15人以上が所属し、うち10人以上がレギュラーまたは準レギュラー。

  

4大リーグと所属選手は、

 

1.イングランド  香川吉田、宮市

2.スペイン    なし

3.ドイツ     長谷部、内田、岡崎、細貝、酒井高、酒井宏、
       宇佐美、
、清武、乾、大前、金崎

     4.イタリア    長友

 

となりますが、なんとこの条件は、ぴったり満たしています。

ドイツブンデスリーグが中心ですが、このリーグは他のリーグと違い、UEFA圏以外の外国人選手枠が緩いこと以外に、日本人の気質がドイツ人に似ているということもあり、環境に溶け込みやすいというのも理由になっているようです。

もちろん、それ以前に実力があるというのは当然です。

 

  

条件4の、いわゆるビッグクラブに7人以上が所属し、うち4人以上がレギュラーまたは準レギュラー。

 

     残念ながら、

 香川(マンチェスター・U)

長友(インテル)

 

の二人しかいません。

 

ここまでの条件に照らしますと、日本人選手は、一流選手はまだ少ないが、それに近い選手は増えてきた、といったところでしょうか。

 

この夏の移籍シーズンが注目されますが、噂レベルも含めて、夢のシミュレーションをしますと、

 

本田 →ACミラン

長友 →レアル・マドリード

清武 →インテル

酒井高→インテル

宮市 →アーセナル復帰

 

となれば、ビッグクラブに6人所属し、レギュラーまたは準レギュラーも4人ぐらいにはなりそうです。

 

また、新たに移籍が予想される日本人選手は、

FW:大迫(鹿島)

MF:原口(浦和)、山田(磐田)、柿谷(C大阪)、高橋(F東京)、扇原(C大阪) 

などが有力ですし、今シーズン移籍した選手も、来シーズンは2年目で出場機会も増えることが予想されますので、条件2も満たすかもしれません。

 

次回は、もう一つの角度から見てみましょう。

 



 


23:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー