安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1830282

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/04/13

北朝鮮の恫喝外交にみる民族気質の違い

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『北朝鮮の恫喝外交にみる民族気質の違い』

 

ミサイル発射の予告をしておきながら、現在のところ(13日)依然発射されていません。

連日の過剰な報道にはうんざりしますね。正直、『打つならさっさと打て』という気分です。

 

はっきりいってどうでも良いことです。どうせ、人的被害が出るような地域に打ち込むはずがありませんし、打ち込んだら、それはそれで北朝鮮は終わりですから、すっきりします。戦後数十年の『たかり』や恫喝から解放されると思うと気分が晴れるというものです。

 

ところで、報道によると朝鮮民族はプライドの高い民族だということですが、はたしてそうなのだろうかと疑います。というか、私が考える、世界が思う『プライド』とは違うのでしょうね。彼らの行動をみていると、恫喝しようが物乞いしようが、金や食料という実入りがあれば良い、それが勝利でありプライドのように思えてなりません。

 

一方、日本人には『武士は食わねど高楊枝』という諺があるように、魂を売ってまで利得を欲するということはありません。(相対的なものです)また、日本人は人生の価値を個から世界へと広げて行く民族です。

 

たとえば人生の価値を決める大きな要素である仕事、職ですが、まずは自分自身が納得できるかどうかに重きを置きます。周囲の評価が高くても、自分自身が納得しなけれな良しとしません。

 

自分自身が納得したら、次は近しい人々に認めて貰いたいと願います。家族、親族、友人などです。彼らに認められると、その次は地域社会や会社組織にそれを求め、最後に国や世界という順になるのです。

 

わかりやすいのがノーベル賞で、IPS細胞で受賞した中山教授などは例外で、30年、40年といった過去の実績が受賞の対象となるのが概ねです。当然、彼らはノーベル賞受賞を目的として研究、努力を重ねていたわけではありません。

 

あくまでも自分自身にこだわり、世のため、社会のために努力をしてきたのです。そこには名声を得ようとか巨富を得ようというような邪な考えはないのです。同じような例は、いわゆる伝統工芸を守る職人などもそうでしょう。彼らも一様にひたすら受け継いだ技術をさらに研鑽し、後世に伝えようという使命感を持っています。ですから、そこには捏造とか偽装といったまやかしはないのです。日本民族が世界に誇れる点でしょう。

 

ところが、朝鮮人というのは目先の利益や栄誉、名声を欲しがる民族のようです。ですから、そこに捏造や八百長が蔓延り、手段を選ばず目的を達成しようとするのです。五輪やサッカーW杯での買収は公然の事実で、韓国内のスポーツはほとんどの競技で八百長が蔓延しています。

 

IPS細胞で言えば、以前のES細胞の捏造事件もそうで、ともかく自分自身の得心より、周囲の評価を得たいという気持ちが強いようです。経済に目を向けても、ウォン安により好調な経済が続いたにもかかわらず、うわべの繁栄にただ浮かれるばかりで、本物の強さを得るための企業体質、産業構造の変革を怠りました。

 

そのため、アベノミクスで円安が進み、相対的にウォン高になり、経済の減速が顕著になると、その原因の矛先を日本に向ける始末です。全くお門違いで、話にならないとはこのことです。

 

この点一つを取って見ても明治維新と戦後復興という、世界史に誇る奇跡を起こした日本とはずいぶんと違うようです。

安岡久遠のロッタ斬りブログ


19:17 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(41) | 政治