安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1743617

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2014/02/20

宮廷の諍い女-2

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『宮廷の諍い女-2』


さて、私がなぜ急にこのドラマにはまってしまったのか、とつらつらと考えてみるに、その理由は『目新しさ』だということに尽きると言えます。前回も書きましたが、物語は皇帝の寵愛を巡る権謀術数が主体ですので、内容自体は取り立てて珍しいものではありません。


にもかかわらず、なぜ目新しく感じたのかと言えば、それだけ日本のドラマが退屈になったということでしょうね。とにかく今の日本のドラマは面白くない。私が50歳を超えたこともあり、様々な人生経験を経たため、ありきたりの設定や物語では人生の深みや感慨を覚えないということなのでしょうが、それ以外にも、原作が流行漫画であったり、脚本家が専門学校卒の若手であったり、役者がアイドルやモデル出身の大根だったりと、とにかく質の低下が目立ちます。


安岡久遠メッタ斬りブログ

  1. 1クール・12回程度の長さになったのはいつの頃からでしょうか。この宮廷の諍い女は76回、韓国のドラマは100回を超えるものも少なくありません。長ければ良いというものではありませんが、日本のドラマは短か過ぎます。NHKの大河ドラマが1年間で45回程度放送ですが、他はといえば、もう終わってしまいましたが『渡る世間は鬼ばかり』が2クール・25回程度だったぐらいで、他は全て12回程度でしょう。視聴率が悪ければ、5,6回で打ち切りということもあるくらいです。それだけ、脚本家の実力が低下し、内容の質を保てないということなのでしょう。あるいは、時間の流れが速い現代では、長時間番組は受け入れられないという考えなのかもしれません。


もう一つは『ネタ切れ』ということもあるでしょう。

たとえば、歴史時代物で言えば、もう散々映像になっています。日本人が好む、『源義経』、

『川中島』、『戦国時代の三傑、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康』、『忠臣蔵』、『坂本龍馬』、『新撰組』、『二百三高地』、『日本海海戦』、『戦艦大和』・・・・もう何回、何十回も描かれていて、食傷気味になっています。しかも、斬新な見解に立とうとしても、歴史的事実は変わらないので、限界があります。つまり、よほどの重厚な脚本と豪華な出演者でなければ心が動かないということです。


さらに言えば、ゲームに代表されるように他に娯楽が多くなったため、いまさらTVでもないだろうということもあるでしょう。特に若い世代がそうなのですから、まだTV世代である高齢者を取り込まなければならないのに、それに逆行するような番組作りをしている。これでは高視聴率は取れないのもむりはありません。


最近のドラマで高視聴率だった『家政婦のミタ』にしろ『半沢直樹』にしろ、現代にあってこそ傑出していただけであり、昔であればそれほどの内容でもありません。この程度であれば『家なき子』や『白い巨塔』の方がレベルが高いと思います。むろん、個人的趣味に過ぎませんが・・・・。


その点、韓国や中国ドラマは、ほとんど初めて観るわけで、その時点ですでに『新鮮』なわけです。韓国ドラマは、取り立てて出色の歴史もない国ですし、日本人の私が心躍るような武将がいるわけでもありません。また、とにかく俳優陣が少ないので、常に演者が重なっていて、とくに歴史時代物は、主役級の半数ぐらいが同じメンバーで、役どころが変わっているため、ときとして以前のドラマ内容と重なってしまい、混乱するときがあるほどです。たとえば、以前国王だった役者が、今度は官僚や将軍だったり、王妃だったのが妓生(芸者?)だったりするわけです。どの時代の物語もほぼ同じような内容ですので、すぐに飽きてしまいました。


その点、さすがは四千年の歴史のある中国は、物語には事欠きません。武将にしても、私が最も好きな、あるいは多くの人がそうだろうと思われる『三国志』には、劉備、関羽、張飛、諸葛亮、曹操、孫権、周瑜といった錚々たる武将が登場します。おそらく、人気で言えば、人徳者の劉備か忠臣・関羽、猛将・張飛、天才軍師・諸葛孔明の名が上がるでしょうが、私が一番評価しているのは曹操ですかね。


天下統一を目指し、皇帝を拝する非情さは、織田信長に通ずるところがあり、戦乱の時代を切り開くのは、『徳』などではないということを主張しています。他は『孫子の兵法』も観ましたが、両方とも『戦記物』です。そういう点からいえば、『宮廷の諍い女』は趣の全く違うものですが、それでも初めて観る種類のドラマですから、質のレベルはどうであれ、興味が湧いたということなのでしょう。


その質のレベルということで言えば、76話もあるので、突っ込みどころ満載です。たとえば、皇帝が、主人公である寵妃に対して、何度『二度とそなたを傷つけない』とか『二度とそなたを疑わない』と言ったことか。半分を過ぎたところですが、これまでにすでに4回位は言っています。『おいおい、言葉が軽いぞ』と思わず突っ込みを入れています。他にも辻褄の合わないことも多々ありますが、それを含めて楽しめるといったところでしょうか。


今現在、物語は主人公が廃され、尼寺で辛酸を舐めていますが、やがて復活し、第6代・乾隆帝の皇太后? として権力を握るという、佳境に向けての準備段階というところです。今から、観てもけ結構面白いのではないでしょうか。


00:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)