安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1729152

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー23人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/06/21

コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価』

 

さて、私はメキシコ戦こそが日本代表の真価が問われる一戦で、最も重要な試合だと思っています。昨夜の報道Sで、元日本代表の沢登氏が、イタリア戦の敗戦について、

『いくら良い試合をしても負けてしまえば何にもならない。W杯であればこれでGリーグ敗退ですから』という趣旨の発言をしていました。一見、正論のようですが大きな間違いです。W杯本番でブラジル、イタリア、メキシコ、日本というような組み合わせは100%有り得ません。

 

なぜなら、まず第一ポットはブラジル、アルゼンチン、スペイン、イタリア、ドイツ、オランダ、フランス、イングランドかポルトガルかウルグアイになるからです。また、レギュレレーションがわからないので断言はできませんが、参加国次第でアジアは北中米と同じポットになる可能性もありますので、今回のような組み合わせになることはないのです。メキシコはともかく、ブラジルとイタリアが同居する組みなど有り得ず、そう言う意味では、今回のコンフェデ杯ほど厳しい組み合わせはないのです。

 

私がメキシコ戦を最重要視するのは、W杯本番を見据えたとき、メキシコのレベルこそがGリーグを突破できるかどうかの試金石になるからです。現実にメキシコと同組になるかもしれませんし、そうならなくてもメキシコレベルの国とGリーグ突破を掛けた大一番になる可能性が高いのです。南ア大会でのカメルーンと思えば良いでしょう。

 

日本はブラジル戦で完敗し、イタリア戦では敗れたとはいえ、世界から称賛される戦いをしました。ジギルとハイドのようですが、いったいどちらの日本代表が本当の姿なのでしょうか。もちろん、どちらも日本代表の今の力なのです。イタリア戦で善戦できたのは、イタリアのシステムが4-3-2-1、つまりピルロをアンカーに置いていたため、引き気味になり、人数的に前線から日本にプレスを掛けれなかった。したがって、日本は自由にパス回しができたのです。

 

ところが、ブラジルは前線から鋭いプレスを掛けてきました。今の日本代表は、アジアの戦いではどの国も相手が引いて守るため、前線からプレスを掛けられた経験が少なく、またそれをかい潜れるほどの技術がないため、本来の日本のパスサッカーができなかったのです。ですから、日本がスペインのようだという称賛は値しません。

 

今の日本代表は世界のどのような国であっても、引いてくれればある程度のパスサッカーを披露することができますが、一流国から前線でプレスを掛けられると、途端に混乱してしまう。そのレベルに過ぎません。

 

そこで、メキシコ戦です。W杯本番でも同じ組になるかもしれない、またはGリーグ突破を掛ける同程度のレベルの国のプレスをかい潜ることができるかどうかが見ものなのです。

南アまでの日本代表であれば、メキシコは10回戦って2勝3分5敗が妥当の相手でしたが、今の代表であればほぼ互角だと思っています。

 

幸い? 両国とも2連敗してGリーグ敗退が決まっているという同条件です。モチベーションも同程度でしょう。したがって、ボール支配率、シュート数、決定機で上回れることができるかどうか。その上で勝つことができるかどうかが見所です。スタッツで上回っても敗れれば意義が半減しますし、勝ってもスタッツで下回れば同様です。メキシコ戦はスタッツで上回り、引き分け以上が望まれます。

 



23:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー