安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1729102

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/06/20

コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界』

 

今朝、コンフェデレーションズカップ第2戦のイタリア戦が行われました。この試合、日本は最低でも引き分けで勝ち点1を取らないとGリーグ敗退が決定する試合でした。選手個々がブラジル戦での不甲斐ない試合内容からの巻き返しを期していたこともあってか、見違えるような試合運びをしました。しかし、結果は3-4で敗れました。

 

この試合、正式かどうかはわかりませんが、

ボール支配率は55:45

総シュート数は15:11

枠内シュート数は11:6

CK:6:2 

と日本が上回っていました。また、決定機も日本の方が多く作っていました。ですが、試合後の香川のコメントにあるように、いくら良い内容でも、シュート数が上回っていても、勝たなければ意味がないのです。これが親善試合であれば、まだ救われる部分がありますが、W杯本大会ほどではないにしろ、FIFAが主催する重要な大会なのですから、結果を出さないと意味がないのは当然でしょう。

 

たしかに日本は攻めていました。しかし、決定機を決めれられず、逆にイタリアに少ないチャンスを確実に決められました。これが世界との差だと言えるでしょう。緩急と言いますか、試合運びの甘さと言いますか、イタリアはここぞというときに一気呵成に攻め、得点に結びつける上手さがありました。イタリアだけでなく、ブラジルにしろスペインにしろ世界の強豪と言われるチームはどこもそうなのでしょう。そこが日本との決定的な差なのでしょう。

 

厳しいようですが、試合開始早々の前田のヘディングシュートは決めなければなりません。DFと重なった部分もありますが、それでも世界レベル選手であれば決めているでしょう。

また、3-3からの本田が相手2人を交わしてシュートしたところも、たしかに右足でしたし、コースも限定されていましたが、本田が世界トップレベルの選手になるためには、決めないといけないでしょうね。そして、香川です。岡崎のポスト直撃もそうですが、跳ね返りのヘディングシュートは決めないといけません。叩きつけた良いヘディングシュートではありましたが、無情にもクロスバーに当たって超えてしまいました。これらのうちの一つが・・・・ではなく、3つとも決めるようにならないと、世界の強豪には勝てないと思います。

 

一方で、守備は改善点が多いですね。最初の失点は、イタリアのコーナーキックからでしたが、キッカーのピルロは日本の選手の何人かが給水した直後を狙ってボールを蹴りました。その一瞬の気の緩みからマークがずれてしまったため、ほぼフリーでヘディングシュートを決められました。2点目のオウンゴールは、その前の吉田の判断ミスからボールを奪われたのが問題です。吉田は体で相手をブロックしてゴールキックにするか、自分で処理するか一瞬迷いました。セーフティーにクリアする選択もあったのですが、彼にしてみれば前半終了間際にコーナーキックから失点したため、セットプレーを避けたかったのだろうと思います。いずれにせよ、その一瞬の判断の遅れが命取りとなったのです。

 

また、ザッケーローニ監督の選手交代にも疑問符が付きました。内田に替えて酒井宏、前田に替えてハーフナーを入れました。酒井宏のクロスからハーフナーのヘディングを期待したのでしょうが、イタリア選手の足が止まっていたことからすれば、本田を1トップにして乾を入れて掻き回す戦術の方が効果的で、また内田の替りは、突破力のある酒井高というのが正解だったのではないでしょうか。ベンチの事情は窺い知れないので、何とも言えませんが、乾のドリブルは大いに効き目があったと思いますね。

 

いずれにしても、スコア的には4-2ぐらいで勝てた試合でした。しかし、今度もまた『~たら、~れば』の試合展開になってしましました。まあ、これが世界レベルかそうでないかの違いと言ってしまえばそれまででしょうがね。

 

私はこれまで、その違いその差を経験値だと思っていました。欧州や南米は強豪チームがひしめいており、切磋琢磨の中で強化を図れます。代表だけでなく、個人としても欧州の厳しいリーグで経験を積むことができます。比べて、日本をはじめとするアジアの国々は、どうしても大舞台や厳しい試合での経験値では大きく劣っていました。しかし、近年は多くの日本人選手が欧州の、それもトップレベルのリーグやクラブに所属し、コンスタントに試合に出れるようになりました。したがって経験値という点でも差は縮まったと期待していたのですが、やはり日本人選手は日本人選手でした。これは皮肉ではありません。

 

私が危惧するのは、この、ある意味純粋な戦い方は日本人の民族的特性なのではないだろうか、ということです。よく『マリーシア』という言葉を耳にします。『ずる賢い』という意味ですが、同類の『駆け引き』や『いやらしさ』、そしてその延長線上にある『勝負感』というのは、個人としてもチームとしても、日本人には身に付かないのではないでしょうか。誤解のないように、欧州や南米の選手に比してという意味です。

 

日本はよくフェアプレーなチームだと称賛されます。ボールキープではなく、すぐに倒れたりして露骨な時間稼ぎをしたり、悪質なファールを犯したりしません。むろん、それは良いことなのですが、そうだとすれば、ある意味同種でもある『ずる賢い』プレイ、その積み重ねによって鍛えられるであろう試合の流れを読む『勝負感』とは、相反している気がしてなりません。言うまでもなく、正々堂々フェアプレーに徹した戦い方で世界を制覇できれば、それに越したことはありませんが・・・・。

 

 


22:54 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー