安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1729129

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/11/17

サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦


まず、スターティングを代えた意味がわからない。

あまりに固定化したスタメン批判に応えたのだろうか。だとすれば、あまりに短絡すぎる。

メンバーを試すなら、セルビア、ベラルーシ戦ですべきで、オランダ、ベルギー戦はそれこそ日本のベストメンバーで臨むべきだったと思う。


まあ、川島、柿谷は納得しないわけでもないが、遠藤と香川は解せない。ともあれ、試合内容は予想したとおり、先の10月に2戦より良かった。


序盤は日本の攻勢だった。最初から全開の日本に対して、オランダは様子見だったので、

そうなったのだが、その時間に得点できなかったのが、その後のミスによる失点につながってしまった。これはいつものパターンで相変わらずである。


前半5分の山口のシュートだが、無理を承知で言えば、同じ右足で蹴るなら、シュートフェイントを掛けて、DFを交わしてからシュートできなかったのか。そのあたりが世界レベルとの差だと思う。

内田のミスは弁解できない。中央エリア付近であればまだしも、ペナルティエリア付近であのヘディングはない。ブンデスリーグで世界レベルのクラブ、選手と戦っているはずであるから、その彼がこんなミスを犯すようでは戦えないということになる。


オランダの2点目は、ロッベンの個人のレベルの高さから生まれたものだので、どうにもならないだろう。その後は膠着状態が続いたが、前半44分に待望の得点が生まれたのだが、高い位置でのボール奪取から、1本のスルーパスで、大迫のダイレクトシュートだった。これは長谷部の好パスに応えた大迫の見事なシュートに尽きる。これまでだと、大体がキーパー正面か、ポストの外になったのだが、きっちり枠の隅に打ち込んだ。ダイレクトシュートだけに余計価値がある。

あえて、難癖をつければ2-0となってオランダが気を緩めたとも言えなくはないが、前半終了間際であれば、2-0で終わりたいとの意思があるであろうから一概にそうとも言い切れず、十分に価値があると思う。


選手交代も含めて期待の持てる後半になったのだが、後半開始から香川と遠藤が入った。

しかも遠藤は長谷部に代わってだったので山口を試すという点でも良い選択だと言えた。

後半開始、決定的に近いピンチがあったが、その後は日本の方が攻勢だった。本田のぽスト直撃、香川の個人技、長友のシュートといい形があったが、得点できない。高い位置でボール奪取に成功していたし、セカントボールも拾えていた。

また、得点できず、流れがオランダに渡るのかと思いきや、オランダはコンディションが悪かったのか、動きが止まってしまった。ために、日本が押し込み、オランダはカウンタターを狙うという展開になった。


そして本田の得点が生まれた。これは遠藤の大きなパスから細かいパスを繋いでの見事な得点だった。大迫は1得点1アシストと先発抜擢に見事に応えた形である。これで、前田に取って代わる存在に浮上した。


ただ、あえて注文を付ければ、ややパスミスが多い。細かいことをやり過ぎる嫌いがある。オランダの今日の調子から言えば、決定的なミスにはなっていないが、細かいパスを繋ぐ場面と大きな展開をする場面のメリハリが重要だと思う。これは改善すべき点であろう。


2-2となってオランダがエンジンを掛けてきてどうなるかと思っていたが、それからしばらくの間も日本の攻勢が続く。香川の個人技のシュートもキーパーの攻守あって得点できなかった。


残り20分を切って、ここからは正念場となる。オランダも勝ちに来ているし、日本のスタミナも心配になる。そして32分、決定的なシーンが訪れたが、柿谷が外してしまう。大迫の活躍から見れば、また柿谷の能力からすれば、いや誰であっても代表レベルであれば、外してはならないシーンだった。厳しいようだが、これを決めれないのであれば、柿他には代表には残れないだろうし、残っても控えに甘んじることになるだろう。評している選手だけに残念だった。


結局、2-2の引き分けとなった。

これをどう見るかだが、内容は日本の方が良かった。オランダの状態も疑問視されるが、それでも、特に後半は遠藤の長短のパスがリズを産み出し、選手間の距離も良かった。スタッツも良いし、10月の欧州遠征に比べれば、格段に良い内容だった。ただ、いつも言われることだが、今日の内容であれば4-2で勝てた試合である。少なくとも、~たら、~ればではなく、柿谷の決定機逸が大きかった試合だった。


さて、次戦はベルギー戦だが、このベルギー戦こそ日本の真価か問われる一戦だろうと思う。オランダに比べるとネームバリューは無いが、近年急激に力を付けて来た実力国で、オランダとも遜色がない。プレミアリーグに所属する選手が11人もいるし、新興国だから、たとえばブラジルやオランダのように日本を見下すこともないと思われる。

つまり、ホームでもあるし、真摯に日本に向かってくるだろう。したがって、ベルギー戦こそが来年のW杯を占う上で最重要な一戦と言えると思う。楽しみな一戦である。




安岡久遠ブログまとめページ
22:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー