安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1715971

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/06/13

サッカー日本代表の現在地

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『サッカー日本代表の現在地』

 

W杯最終予選の最終試合を勝利で終え、いよいよコンフェデレーションズカップを迎えることになります。そこで、最終予選の総括と日本代表の現在地を探ってみようと思います。

 

まず、最終予選の前、マスコミや評論家諸氏は、皆異口同音に、

『アジアのレベルは上がった』

『アジアの戦いは厳しい』

『W杯の予選に楽な戦いはない』

などと言っていました。

 

結果は、日本は1試合を残してW杯の出場切符を手にし、最終成績は5勝2分1敗の勝ち点17というものでした。ぶっちぎりとは言えませんが、順当に勝ち進んだと言えます。ところが、評論家諸氏の発言を聞いていると、

『もっと、圧倒して欲しかった』だの、

『点が取れない』

だのと、予選前とは真逆のことを言っています。開いた口が塞がらないとはこのことです。

 

さて、そもそもアジアのレベルは上がったのでしょうか? 私は否だと思っています。

この場合の『レベル』ですが、アジアの選手の競技レベル、スキル自体は上がっています。

10年、20年前と比べれば、スポーツ医学、トレーニング、栄養管理、チーム戦術とスポーツを取り巻く環境が発達しているわけですから、後退するはずがありません。

 

しかし私の考える『レベル』というのは、アジアのレベルが他の大陸、特に欧州に近づいたかどうか、という観点で量るものです。アジアのレベルが上がっても、欧州のレベルがそれ以上に上がっていれば、相対的にアジアのレベルは下がったことになるからです。そういう点で言えば、アジアのレベルはむしろ下がったと言わざるを得ません。

 

では、なぜ評論家諸氏は『アジアのレベルは上がった』と言うのでしょうか。

それは、サッカー後進国だった国々が新たに台頭してきたからです。これまでのアジアは日本、韓国、サウジアラビア、イランが4強を形成していました。これにオーストラリアが加わり5強になったのですが、そのうち日本以外の4カ国は明らかにレベルが下がっています。

 

サウジアラビアは最終予選にも残れない凋落ぶりですし、イランは最終戦の結果次第でプレイオフに回る可能性を残しています。韓国はパク・チソンの代表引退以来、低迷を続けていますし、オーストラリアは、最終予選の平均年齢が30歳を超すというように世代交代に失敗しています。唯一、日本だけが順当にレベルアップしているのです。今やアジアは日本の1強時代に突入したと言っても過言ではありません。

 

世界のトップクラブであるマンチェスターUの香川、インテルの長友をはじめ、欧州CLに出場できるシャルケの内田、CSKAの本田、ELに出場するシュツットガルトの岡崎、酒井高など、欧州のトップレベルのクラブでレギュラー張る選手を多数輩出しています。過去、アジアの国で今の日本ほど質量ともに欧州のクラブで活躍する選手を抱えた国はありません。

 

それこそ、オーストラリアはキューエル、ビドュカ、ケーヒルなどがプレミアで活躍していましたし、韓国はパク・チソン、イランはダエイ、マハタビキアがそれぞれプレミア、ドイツで活躍していました。しかし、今ではこの3カ国は日本に質量とも大きく劣っています。日本の1強時代と断ずるのは、このような現状を踏まえるからです。

 

日本を除く4カ国が後退したのに反して、これまで弱小国だったウズベキスタン、オマーン、カタール、ヨルダンなどがレベルアップしてきました。これらの国々は凋落したサウジアラビアと互角以上に戦えるようになったため、アジアのレベルが上がったと錯覚しているのです。

 

おそらく、W杯には日本、オーストラリア、韓国、イランの4カ国が出場するでしょうが、Gリーグを突破するのは日本だけでしょう。後の3カ国は、恵まれたグループに振り分けられ、尚且つよほどの幸運がなければGリーグ敗退と見ます。

 

では、なぜ日本は最終予選の後半、苦戦を強いられたのでしょうか。その理由はただ一つ、

その欧州で活躍する選手が多いからです。周知の通り、欧州と日本、アジアでは少なからず時差があります。また、コンスタントに試合に出ている選手と控えが多い選手とではコンデションに差が出ます。そのため、チーム全体のパーフォマンスは下がってしまうのです。つまり、レベルアップを図るに絶好の欧州移籍が、アジア予選にはマイナスとなっているのです。ですから、逆に言えばW杯本番は問題ありません。本来の力を発揮できるでしょう。

 

その日本ですが、コンフェデレーション杯で現在地が量れます。とくに、ブラジル戦は見ものです。昨年の秋には0-4で完敗していますが、その時よりブラジルは本気でしょう。日本はイラク戦を終えての慌ただしい参加ですので、コンデションが不安ですが、たとえ敗れたとしても、その内容次第で、イタリア、メキシコとは十分戦えるでしょう。

 

私の独断評価ですが、現世界王者のスペインを100とすると、

ドイツ :100

ブラジル:95(ブラジルは予選を戦っていないので不明ですが)

イタリア:90

メキシコ:85

日本  :80

と見ます。

差が10で1点と考えると、

対ブラジル戦は2点差以内負け

対イタリア戦は1点差負け

対メキシコ戦は引き分け

となります。

ただ、誤差を±1とすると、

対ブラジル戦は引き分け

対イタリア戦、対メキシコ戦は勝利の可能性もあります。

結果、ブラジル●、イタリア△、メキシコ△だと予想します。はたしていかなることになりますやら・・・・楽しみです。

 


12:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー