安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1715982

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2013/06/03

日本の正義と世界の信用3

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『日本の正義と世界の信用3』

 

前回に引き続き・・・・・

今回の橋下市長の慰安婦発言に、国連はさまざまな勧告を日本政府に突き付けています。内容を見ると、全くデタラメというか、橋下市長の発言を真逆に受け取り、非難しています。事務総長が韓国人ですから、影響はあると思っていましたが、こうも一方的な偏見がまかり通るとは、国連も地に堕ちたものです。

 

そもそも、国連の費用分担金は、日本はアメリカに次いで2番目の額を拠出しています。2番目ですが、アメリカは支払いを延期したりして、自分たちの主張の駆け引きの道具に使っていますので、無条件で支払う日本が実質的にもっとも貢献していると言えるでしょう。

 

中国はGDPで日本を追い越し、しかも常任理事国でありながら、その大国に見合う金額を拠出していませんし、まして韓国など論外です。しかるに、国連の場においては日本より中国や韓国の方が声が届くのです。

 

中国は常任理事国ですから、やむを得ないとも言えますが、韓国の歪曲した声まで優先されるとは、日本の戦後の貢献によって積み上げてきた信用、信頼も一人の邪悪な事務総長にいとも簡単に踏みにじられるということです。

 

そもそも、国連に何の貢献もしていない韓国から事務総長が選出されるというのもおかしな話です。日本は敵国条項という壁があるというのであれば、今後も日本が国連の場で発言力を増すことはないでしょう。

 

もう一つ、英国放送協会・BBCが2005年から各国が世界に与える影響について調査しているのですが、昨年もっとも良い影響を与えている国として評価された日本が今回は4位に転落しました。大きな要因は、中国と韓国が日本の評価を低くしたからですが、これをもって、またぞろ糞マスコミが日本の政治家の発言がどうのこうのという論調を張っています。

 

ところが、この調査や別の調査でも、その中国と韓国は悪い影響を与えている国の上位を占めているのです。ということは、世界から嫌われている両国の影響で、日本の好感度が下がっているに過ぎないということになります。しかるに、世界から嫌われている両国の意見に耳を傾けろという。なんという本末転倒な理屈でしょうか。呆れてものが言えません。この2国がなければ日本が1位なのです。もっとも、世界から評価されているといっても何ほどのものではありません。特に嫌われていないのであれば、4位でも十分です。

 

さて、『日本の正義』についてですが、私は、

『いかなる過去の歴史も直視、受容し、先人と今の日本及び日本国民の誇りと名誉を護り、子孫に受け渡すこと』

だと理解しています。

 

過去の歴史の受容とは、称賛する歴史も反省すべき歴史も、すべて肯定的に捉えるということで、たとえば先の大戦について言えば、諸外国に対しては真摯に反省と謝罪をすべきですが、国内においては必要以上の非難、弾劾をするべきではないということです。これはダブルスタンダードではありません。

 

なぜなら、現在私たちがここに生きているのは、全て先人の努力と苦難の克服があったればこそだと思うからです。大きな犠牲を払った先の敗戦も、非難することは簡単ですが、その時代の各層、各界の指導者たちが、叡智を結集した結果、日本と日本国民の存続と繁栄のために決断したことです。(マスコミは別ですが・・・・)

 

ですから、もし一片たりとも先人の通った歴史を否定したならば、それは自己否定に繋がります。自分の両親や祖父母、先祖を否定することは、彼らから命を受け繋いだ自己の存在をどのように説明するのでしょうか。したがって、いかに屈辱に塗れ、目をお覆いたくなるような悲惨で惨めな歴史であっても、先人による民族存続のための苦渋の決断を思えば、歴史を正しく直視するべきでしょう。そうでなければ、その民族の繁栄など覚束なく、衰退、滅亡する運命にあると思います。自国の歴史に目を背け、虚飾に塗れる民族に未来などありえないのです。

 

そして、他国からの謂れ無き誹謗中傷には断固反論の声を上げて、先人の誇りと名誉を守り抜かなければなりません。不当な侮辱をそのままにし、日本の歴史に泥を塗られたままにしておくことは、自国の歴史を直視しない行為と同様、未来など期待できないでしょう。

 

最後に、週末関西ローカルの番組で、橋下市長に関するアンケート調査をしていました。

一つは、彼の慰安婦発言其のそのものに問題があるかどうかという質問で、もう一つが市長として支持するかどうかというのものでした。

 

結果は、両方ともに約80%の割合で橋下市長を支持するものでした。つまり、慰安婦発言は問題なく、市長として支持するということです。慰安婦発言の賛否につては、スタジオの出演者が全員『問題あり』とし、それはもう非難轟轟、けちょんけちょんでした。しかも、ある高名なコメンテーターなどは、発言を歪曲してまで橋下市長を貶してしました。この人物は日頃から意見が対立していて、直接のディベートでは、いつもグーの音も出ないほど圧倒的に論破されているため、ここぞとばかりに鬱憤を晴らしているようで、見苦しいこと極まりありませんでした。

 

彼らは当然、『問題があった』という声が大半だと思っていたのか、まるっきり逆の結果が出た瞬間の、唖然として言葉に窮していたのが滑稽でした。私は、このブログはもちろん、他のサイトにもコメントを投稿していますが、案外橋下氏支持は多いと思っていましたので、意外でもなんでもありませんでした。これを、アンケートの対象者が大阪市民、大阪府民が大多数だったから、と片付けるのもどうかと思っています。

 

確かに、全国的には大阪ほど支持があるとは思えません。しかし、逆に報道であるように、世論調査における維新の支持率が急落しているとも思っていません。一頃に比べ、支持が落ちているのは事実でしょうが、それは橋下氏の発言を正しい報道をしていない影響が大だと思っていますので、選挙を通じて持論を展開すれば回復すると思っています。ただ、維新が慰安婦発言問題に蓋をしてしまえば、起死回生の回復は見込まれず、大敗するでしょう。

 

実は、これは自民党にも言えることだと、私は思っています。もし、安倍自民党が慰安婦問題に譲歩するような動き、韓国や中国に屈するような政策を採ったならば、命取りになる可能性があると思っています。まあ、他に支持する政党が見当たらないので、議席数自体は圧倒するかもしれませんが、投票率は低下し、また白票も増えるのではないかと推測します。それは、自民党に代わる受け皿ができれば、いつでもそちらに乗り換えるという警告を意味することになります。

 

もう一つ付け加えておきますと、今月の『朝まで生テレビ』では日本の防衛について議論されました。白熱した議論の最後に視聴者アンケートで、約70%が『憲法改正して自衛隊を国防軍にすることに賛成』との結果発表をしたのですが、そのとき出演者の小沢遼子の独り言のような捨て台詞をマイクが拾っていました。

 

『《ネトウヨ》が投票したのでしょう』

 

左翼勢力が衰退した理由の一つがその言葉に凝縮されていました。今、憲法改正賛成しかり、中国、韓国への批判しかり、その中心は『ネトウヨ』ではありません。これまで新聞や、テレビを通じて流されていた情報は真実ではないということを知った、一般国民が中心です。それを『ネトウヨ』などと、定義も曖昧な層?の影響だと受け止める無知さは、十分笑えるレベルでした。

 

私が、自民党が慰安婦発言問題、中国や韓国への対応を一つ間違えると、一気に国民の支持を失う危険性があると考えるのは、そう言った現状を考慮した上でのことなのです。新聞、テレビのマスメディアは、好機とばかりに橋下氏をバッシングしましたが、マスメディアが必死で隠蔽している真実に気づき始めた国民(今のところ大阪・関西が中心)は、案外橋下氏を支持するのではないかと思えてなりません。橋下市長への問責決議の際、公明党はそのあたりの雰囲気を敏感に察していたのでしょう。

 

とはいえ、巨大権力を敵に回しているのですから、橋下氏及び日本維新の会は、当分の間茨の道を進むことになるでしょうがね。


21:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)