安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1729096

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2014/07/07

サッカーブラジルW杯・準々決勝

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『サッカーブラジルW杯・準々決勝』

 

5,6日と準々決勝が行われ、ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、オランダが勝ち上がりました。何とも豪華なというべきか、願ってもない4か国が勝ち残ったものです。南米2か国、欧州2か国というのも良いですね。ブラジル、アルゼンチンは南米2強、ドイツ、オランダは欧州3強のうちの2つ。(次回の欧州選手権までスペインを入れておきます)

これで、決勝は欧州同士、南米同士、欧州VS南米といういずれの可能性も残しました。

 

ドイツ-フランス

思いのほか、つまらない試合になりました。ドイツはいつものようにポゼッションするわけでもなく、引いてカウンターを仕掛けるわけでもなく、だらだらとした試合運びに終始しました。そのためポゼッション率は50-50でしたが、シュート数はフランスが上回りました。前半13分という早い時間に得点したので、ドイツはペースを緩めたのかもしれません。情報では何人かがインフルエンザに罹ったらしいので、体力を温存していたのでしょうか。同点にされていたら、またエンジンを掛け直したていたと信じたい。もし、このようなパーフォーマンスであれば、ブラジル戦は苦杯を舐めることになるでしょう。

 

ブラジル-コロンビア

この試合は、思いのほかブラジルが良い試合をしたと思います。ポゼッション率、シュート数は互角でしたが、数字以上にブラジルには余裕が感じられました。勝敗は決定力の違いでした。ようやく、本当のブラジルの力を見た気がしましたが、残念ながらネイマールが骨折してしまい、以降の試合は絶望となってしまいしました。ネイマールには申し訳ないのですが、これが吉と出るか凶と出るか興味津々です。層の厚いブラジルですから、レベルの高い代わりの選手はいると思いますが、さすがにネイマールクラスとなると難しい。逆に、彼のために戦おう、と団結するのはプラスですが、もともと自国開催で士気が高まっていましたから、上積みとなると幅は知れています。ネイマールを失い、ダウンした戦力分を補えるかどうかですが、準決勝の相手がドイツというところが味噌です。オランダやアルゼンチンであれば、メンタルで凌駕できるかもしれませんが、世界一と言っても過言ではないメンタルを持つゲルマン民族ですからね、ネイマールを失い低下した実質分のツケを払わされることになるような気がします。

 

アルゼンチン-ベルギー

この試合もドイツ-フランス戦のドイツと同様、アルゼンチンが省エネの試合運びをしました。これまた前半8分という早い時間に得点してしまったため、無理にポゼッションせず、ベルギーに合わせた試合運びとなりました。シュート数、ポゼッション率がほ同じなのはその結果です。お互いに決定機を逃していますが、アルゼンチンが余裕残しの試合だったと思います。ただ、ディマリアの負傷交代は気になります。私はアルゼンチンの優勝予想ですが、彼が試合に出れないとなると、大きな痛手となります。

 

オランダ-コスタリカ

これはもう、一方的なオランダのペースでした。たしかに、コスタリカにもチャンスは無くはなかったですが、シュート数は3倍以上、ポゼッション率も64-36ですから、印象的にはほとんどコスタリカ側のエリアで戦っていたと言っても良いでしょう。判官びいきの方はコスタリカの健闘を湛えたくなるでしょうが、試合内容は圧倒的にオランダでした。コスタリカを褒めるとすれば、よくぞ120分間耐え抜いて、PK戦に持ち込んだものだということです。これで、コスタリカに大きな勝機が生まれました。俗に、PK戦は試合内容で負けていたチームが有利と言われています。実際のデータがどうなのか知りませんが、おそらく押していたチームの選手たちは『勝てた試合だったのに・・・・・・』というネガティブが精神に陥り、押されていたチームの選手には『負けていてもおかしくない試合だった。自分たちには失うものはない』というポジティブな気持ちが支配するからでしょう。

 

ところが、オランダのファンハール監督はPK戦用のGKを起用するというとんでもない策を用意していました。これは極めて優れた作戦です。交代したGKがどれほどPKに強い選手か知りませんが、前述しましたように、PK戦は押されていた方が精神的に有利となります。そこでファンハール監督は、コスタリカ側の気持ちを動揺させる作戦に出たとみます。コスタリカの選手たちに、『貴重な交代枠を使ってまで、わざわざGKを交代させるということは、相当PKが得意なのだろう』と緊張感を植え付けようとしたのだろうと思います。そうなると、精神的には互角とまではいかなくても、かなり同等になったはずです。結果的にオランダが勝利しましたので、作戦成功だと言えるでしょう。

 

 ファンハール監督の頭の中には、最後の交代枠で攻撃的な選手を使い、1点を取り切るという作戦もあったでしょう。だがこの試合は、ポストやバーに4,5度嫌われてたという、流れ的には悪い試合でした。ですから、もう一段攻撃的に行っても、点が取れない可能性が高い。そうなると、ますますPK戦は精神的に不利になる。そうであれば、交代枠は心理作戦に使うという選択をしたのです。試合の流れを読み切った、実に素晴らしい作戦でした。これぞ名監督、名将と言えるでしょう。

 

準決勝ですが、この2試合は死闘となるでしょう。PK戦になったから死闘というのではなく、たとえ4-1でも魂の籠った、激しく攻守の切り替えの早い試合を期待したいと思います。さて、予想ですが、初志貫徹でドイツとアルゼンチンが勝利すると思います。


23:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー