安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > ブログ

カウンタ

COUNTER1743587

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー11人
ログインユーザー0人

IMAGINE

安岡久遠のメッタ斬りブログ
 

ブログ

安岡久遠ブログ >> 記事詳細

2014/05/25

『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』

Tweet ThisSend to Facebook | by:安岡久遠

『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』

 

サッカーW杯開催まで1ヶ月を切った今、なぜプロ野球の話題なのかと思われるかもしれませんが、気になることがあったので敢えてプロ野球の話題にしました。

というのも、日本代表監督の小久保裕紀がとんでもない解説をしたのです。

 

今日の交流戦、オリックスVS広島の解説を務めた小久保は、4回の裏オリックスの攻撃のときに信じられない発言をしました。

この回、オリックスは1点を追加し、2-0とリード、なおも2アウト1-3塁のチャンスで打席には8番バッターが入っていました。本来であれば、交流戦はパリーグの主催試合はDH制を採用していたのですが、今年はソフトバンクの内川の発案とかで、セリーグ主催の試合にDH制を使うという逆転の発想を試みているのです。つまり、次打席の9番打者はピッチャーになるのです。

 

ところが小久保は、事もあろうに、

『ここはもう1点を狙ってダブルスチールを試みるかもしれませんね』

と発言したのです。

私は思わず、

『はあ?』

と突っ込んでしまいました。常識的に有り得ない作戦です。失敗すれば、チェンジですし、成功すれば、1塁が空きますので、敬遠してピッチャーと勝負でしょう。1点を捥ぎ取る最善の作戦は、何もせずバッターの打撃に賭けることです。仮にダブルスチールをするとすれば、成功して敬遠させ、9番打者まで回し、次の回を1番から攻撃できるようにすることぐらいですが、この作戦にしても確率は低いでしょう。

 

私が呆れていると、小久保はさらに、

『ダブルスチールはギャンブルです。1塁ランナーが走ったら、捕手が2塁に送球すると決めつけ、3塁ランナーはスタートする』

と固執していました。何か言い訳のようにも聞こえました。馬鹿でしょう。こんな無謀な作戦採るはずがない。12球団の監督で言えば、横浜の中畑監督ぐらいで(彼でも可能性は極めて低い)、智将と言われる森脇監督がこんな馬鹿げた作戦を採るはずがありません。次打者が9番打者でなければ、意表を突くこともあり得なくはないですが、この場面では絶対有り得ません。

 

これが、普通の解説者であれば、馬鹿なことを・・・・・と聞き捨てるのですが、日本代表監督の発言となればそうはいきません。こんな無能無知な者が日本代表監督で大丈夫か?ということなのです。彼をおみこしに担いで、作戦はコーチが立てるというのであれば問題はありませんが、小久保はこれほど馬鹿だったのは・・・・・。

 

この打順について、ついでにもう一つ。

江川卓が巨人戦の解説で間抜けぶりを発揮しました。もう10日ほどまでしょうか、巨人戦の解説で、巨人の8番打者が2アウトから出塁し、9番の大竹まで回したときのことです。大竹は投手です。

江川は、

『これは大きいですね。万が一、大竹が凡退しても次は1番からの攻撃ですから』

と発言したのです。上記のことからもこれ自体は正論です。ところが、言葉の引用が間違っています。

『万が一』とは有り得ないことが起こることです。彼の発言からすると、投手の大竹が凡退することが『万が一、つまり有り得ないこと』になるのです。馬鹿でしょう。無知でしょう。この言葉が使える打者は、イチローか糸井か内川か・・・・・いずれにしてもごく少数の優れた打者にしか用いられません。

百歩譲って打者であれば、目を瞑りましょう。しかし、いくらなんでも投手に使う言葉ではありません。

 

これが、アイドルとかまだ若い解説者であればまだしも、江川は60歳近いはずです。現役を退いてから20年以上経ち、一般社会で生計を立ています。無知無学にも程があるというものでしょう。


02:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(0) | 野球