安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > 小説のページ > 黒い聖域 > 第一巻 古都の変 > 第一章 乱雲(7)

カウンタ

COUNTER1743619

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー22人
ログインユーザー0人

IMAGINE

第一章 乱雲(7)

第一章 乱雲(7) 

 

 二十三時近くになってお開きとなった。

 森岡は谷川東良の車を見送ると、今後の段取りを確認するため、坂根を伴い同じ北新地にある馴染みのショットバーに河岸を変えた。

「明日の幹部会議で通達するけどな、お前は今度の件が落着するまで、臨時に俺の直属とする。まあ、畑違いの仕事になるが、これも良い経験となると思うで。おそらくな、色んな人間に会うことになると思うから、顔を覚えてもらえよ。それが将来、お前の人脈になるからな」

 この諭すような助言に、

 わかりました、と気合の籠もった声で応じた坂根は、

「ところで、社長は今後どのように動かれるおつもりですか。谷川上人が仕切るような感じですが、上人は先生とも久しく会っておられないような話でしたし、あの方に任せておいて大丈夫なのですか」

 と訊いた。

 その不満げな物言いに、森岡はにやりと微笑んだ。

「さすがにお前は心得ているな。お前の言うとおり、谷川さんだけに任せておくわけにはいかん。別に金を出すから口も出すというのやあらへんけど、俺は俺の人脈を使って情報を集め、対策を立てるつもりや。そうでないと、どっちに転んでも後悔することになるからな」

 と本音を明らかにした。

 谷川東良の話では、村田から拒否の旨の連絡を受けた神村が、東良の兄、谷川東顕に相談の電話をしたとき、ちょうど東良本人が居合わせており、こういう仕儀になったということであったが、森岡はタイミングが良過ぎると思っていた。

 森岡は疑り深い人間で、滅多に人を信用するということがなかった。彼が心を許しているのは、神村他極々一部の者だけであった。もっとも彼にとっての神村は、取替えの利かない絶対的な存在であり、信用などというありきたりな言葉ではとても言い表せぬほど別格ではあった。

「では、谷川上人は信用できないと」

 坂根は、実兄の秀樹から森岡の生い立ちを聞かされており、良くも悪くもそれが彼の人生観を決定付けたことを知っていた。

「別に疑っているというのやあらへんで。今回の件では力になってくれはるやろ。ただなあ、谷川さんは俺が書生の頃、何度も会ってそれなりに人柄はわかっているつもりやけど、どうも丸ごと信用する気にはなれんのや。それに、谷川さんは別の意味であまり好きにはなれんしな」

「別の?」

 坂根には、森岡の言葉の意味がわからなかった。

「せや。もっとも、それは谷川さんに限ったことではないけどな」

 森岡は苦々しい顔付きをした。

 彼の心の奥底には、

――宗教人は、神村をもって鏡とすべし。

 という信念があった。

 宗教人であるからには、世俗の欲を捨て、己の精神を磨き、衆人の魂を導くのが使命だと考えていた。それに照らし合わせると、この時代、多少の飲酒や家庭を持つことぐらいはまだ許せるとしても、金や権力や女色に固執する生臭坊主が多過ぎると嘆いていた。此度の件にしても、根底に欲が絡んでいるのは明白であった。

 また、恩師だからというのではなく、客観的に見ても、神村が次の貫主になるのが筋であろう。それが、久保という坊主の出世欲が絡んだため、こういう事態になったのだと、憤慨もしていた。

 森岡はその深浅を問わず、欲という意味では谷川東良も例外ではないと思っていた。

「社長が谷川上人を敬遠されるのは、上人が世俗に生きておられるから、とは別の理由があるのですね」

「そういうことや。その、とりあえずは仏道を究める努力を怠っている坊主は嫌いやで」

 森岡は、不精進な坊主は嫌いだが、己の分を弁えて生涯を終えるのなら、仕方がないとも思っていた。寺院の子に生まれ、選択の余地がなかった職業坊主も多いからである。

「俺がもっとも嫌いなのは、何の努力もしない者が棚ボタ式に権力に近付いたり、出世したりすることや」

「谷川上人も今回の件をそういうことの足掛かりにしようとしていると」

「俺の勘に狂いがなければな」

 森岡は吐き捨てるように言った。

「なあ、坂根。お前は、それなら今回の谷川さんと、山際上人が本妙寺の貫主の座を争ったときに先生が尽力されて、その功績で執事長に抜擢されたことと同じではないかと思うかもしれんが、それは全く違うんやで。確かに、先生の場合も恩賞人事という意味合いがあったことは否定せん。けどな、そんな恩賞などなくても、先生の僧侶としての実績そのものが、すでに十分過ぎるほど大本山の執事長に値するものやったんや。けど、谷川さんは違う。これまで荒行修行をおざなりにして、俗人のように生きて来たから、結果として己の出世など、とうてい考えられへんかったはずや。ところが思わぬ好機が訪れた。今回の先生の躓きを己の出世の機会と捉えているのが見え見えや。でなきゃあ、近頃は先生とも疎遠になっていたのに、タイミング良く現れて、しかもあんなに張りきるわけがないやろ」

 坂根はそこまで聞いて、ようやく森岡の心中を理解した。

「社長はそういう意味でも、谷川上人に手柄の独り占めはさせない、ということなのですね」

「そういうこっちゃ。最初はそうでもなかったのやが、話をしているうちに気持ちが変わった」

 森岡の勘は半ば当たっていた。彼が推量したほどではないにしろ、谷川東良にも少なからず打算があったのは事実だった。

 宗門世界での出世など、きれいさっぱり諦めていた東良だったが、年を重ねて行くうちに、関西寺院会の会長を務める兄東顕に嫌味を言われない程度には、それを望むように変わっていった。だが、五十路を迎えた今日に至っては、その手立てがないことに苦悩し始めていたのである。

 大本山や本山の貫主になるためには、百日荒行を五度以上達成すること、という内規があった。五十の坂を越えた東良には、体力的に不可能な修行であり、ここに至って望み得るのは、執事長の座ということになった。執事長は貫主の腹積もり一つだからである。

 その矢先に、此度の騒動が持ち上がった。

 谷川東良にとって、神村の頓挫はまたとない好機と言えた。彼は、神村が貫主になったあかつきには、見返りとして一時的にでも執事長に就くことを望んでいた。彼は、大本山本妙寺の執事長の歴史にその名を刻むことができれば、家門の最低限の面目は保てると考えていたのである。

「それにしても、あのときの女性がロンドのママさんとは驚きました」

 坂根が思い出したように言った。

「確かにな。だが、考えようによってはそれほどでもないかもしれんぞ」

「どういう意味ですか」

「普通に考えれば、もの凄い偶然のように映るが、天運地縁によって導かれているこの世の中であれば、必然だったとも考えられる」

「では、社長はあのママさんと縁があるということですか」

「どの程度の深さかはわからんがな」

 森岡は曖昧に答えた。

――遠い昔に、どこかで会ったことがある。

 彼はその想いを強くしていたが、心の奥に仕舞い込んだ。

「さあーてと」

 森岡は大きな伸びをした。

「坂根、明日から忙しくなるぞ」

 こうして戦いの幕は切って落とされたのだが、このときの森岡は、その醜い暗闘がまさか二年もの長きに亘ることなど、想像すらしていなかったに違いない。