安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > 小説のページ > 黒い聖域 > 第一巻 古都の変 > 第一章 乱雲(6)

カウンタ

COUNTER1743644

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー36人
ログインユーザー0人

IMAGINE

第一章 乱雲(6)

第一章 乱雲(6) 

 

 幸苑を出ると、すっかり雨は上がり、代わって風が出ていたが、雲を払い退けるほど勢いではのなかった。星は南の空の一角で疎らに輝いているだけで、幾層もの薄黒い雲が森岡の心に覆い被さるように低くたち込めていた。  

 谷川東良は、ママの山尾茜(やまおあかね)目当てで、在阪のときは足繁く通っていたが、全く相手にされずにいた。だが彼女には、それでも足を向かせる魅力があるようだった。

 二年前、山尾茜は二十六歳という若さで、北新地でも指折りの最高級クラブをオープンさせ巷の耳目を集めた。北新地の高級クラブでは最年少だったため、誰もが後ろに控えているであろう「パトロン」の存在を詮索した。

 だが、それらしい人物がいっこうに浮かび上がらず、下心のある男たちは謎めいた素性に益々興味を惹かれ、店は彼女目当ての客で盛況を極めていた。

 森岡もロンドの評判は耳にしていたが、彼はわざわざ足を運ぶほど酔狂ではなかった。

 ロンドへと向かう階段の前に来たとき、森岡の携帯が鳴った。道すがら、野島に明朝の臨時幹部会議開催の旨を該当者に連絡させていた。その返事だろうと思われた。

 森岡は谷川東良に先に入店するよう勧めた。

 

「いらっしゃいませ。谷川上人、ずいぶんと遅かったですね。待ちくたびれてしまいましたわ」

 奥の席に座っていた和服姿の女性が、早足で近づいて来て声を掛けた。

 ママの山尾茜である。

「いやあ、すまん、すまん。ちょっと込み入った話になってな、思いの外時間が経ってしまったんや」

 東良は片手拝みをしながら弁解した。

「あら、三名様と伺っておりましたが、御一人ですか」

「いや、あとの二人は外で電話中や」

 東良がそう言ったとき、入口の扉が開いた。

「あっ」

「あら、まあ」

 と、森岡と茜がお互いを見つめ合ったまま言葉を失った。

 なんと目の前に、夕方チンピラに絡まれていた女性が立っているではないか。

 森岡は思わず息を呑んだ。何たる奇遇もさることながら、あまりの美形に言葉を失ったのである。先刻は薄闇ということもあって、はっきり窺い知ることはできなかったが、こうして煌々たるライトの下で見ると、その麗しさに目が眩むほどだ。

 噂に違わず、いやそれ以上だった。

 森岡は一見しただけで、彼女の魅力がわかった気がした。単に美形というだけでなく、垢抜けている割には家庭的な雰囲気も纏っている。そして何よりも。夜の世界で生き抜いているとは思えない清楚な佇まいが、男の心を惹き付けるのだろうと思った。

 これほどの女性ならば、この若さでロンドのような高級クラブを切り盛りすることも肯けたし、それなりの社会的地位にいる男共が、揃って熱を上げることも納得できた。

「どうしたんや。二人とも」

 谷川東良が懐疑的な声で訊いた。

「なんでもありません。あまりに美人なもので」

 森岡はそう誤魔化すと、茜に目配せした。

 茜は森岡の意図を理解した。

「そりゃあそうやろ、北新地一の美形ママやからな」

 東良は自分の彼女が誉められたかのように破願すると、

「ママ、彼がIT企業を経営しとる森岡君で、若いのが部下の坂根君や」

 と二人を紹介した。

「え、森岡様?」

 茜は再び絶句した。東良の目がまたも疑いの目を向けた。

「なんや、やっぱりママは彼を知っとんのと違うか」

「存じ上げてはいないのですが」

 茜は言葉を濁すと、凝っと森岡の目を見つめた。

 その射抜くような眼差しに、

――遠い昔に、この眼を見たことがある。

 と、森岡は思った。だが、いつ、どこでだったのか思い出せなかった。というより、脳が追憶を拒んだと言った方が正確かもしれない。過去を辿ることは、同時に忌まわしい少年時代の記憶もまた蘇らすことになるからである。

「おいおい、いつまで見つめ合うとるんや」

 東良の嫌味口調で我を取り戻した茜は、

  「失礼致しました、ママの山尾茜です。今後とも宜しくお願い致します」

 と名刺を差し出した。

「やっぱり、知り合いやないのんか。まさか、昔恋人同士だったりしてな」

 なおも懐疑的な谷川東良の嫌味を無視した茜は、

「申し訳ありませんが、お名刺を頂戴できないでしょうか」

 と請うた。ところが、

「悪いけど、飲み屋に名刺は渡さんことにしとるんや。勘定は、いつも個人で持つことにしとるし、現金で払う主義やしな。せやから、名刺を渡して来店を請う案内状など送られても鬱陶しいだけやし、会社に訪ねて来られるのは以ての外や」

  と、森岡は酷く不躾な物言いで断った。

 その、ずいぶんと横柄な態度に、東良とその場にいたホステスたち皆が我が目を疑った。

 東良は、大学生時代の森岡はそのような不遜な若者ではなかったと記憶していたし、ホステスたちは、茜にこのような無礼な態度をとった客を初めて目にしたからである。

 気まずい雰囲気が漂う中で、坂根ただ一人が、このやり方でママを試すのが、森岡の流儀だということを承知していた。 

「では、どちらの森岡様でしょうか? 会社のお名前だけでもお教え願えないでしょうか」

 さすがに北新地で名を馳せているだけのことはあった。森岡は気分を損ねたはずの茜が、いつその感情を表に出すかと凝視していたが、顔を顰めるどころか、穏やかな笑みを絶やすことなく、いっそう謙って請うたのだ。 

 彼女の真摯な態度に、森岡もまた身を正すと、内ポケットから名刺を取り出し、言葉もあらためた。 

「大変失礼しました。ウイニットの森岡です。こちらこそ宜しく」 

「まあ、やはりそうでしたか」

 茜は、ほっとした表情でそう言い、

「つい先日、店のお客様から森岡様の噂を耳にしたばかりでしたので、このような奇遇に驚いたものですから、不躾をしてしまいました」

  と熱い眼差しの理由を明かし、恭しく頭を下げた。

――なんだ、そういうことか。てっきり彼女も、俺と同じ印象を抱いたのかと勘違いした。

 森岡は、肩透かしを食った想いになりながらも、

「俺の噂? どなたですか」

 と訊いた。

  「菱芝電気(りょうしばでんき)の柳下さんです」

「柳下? まさか」

 ロンドは、北新地でも最高級のクラブである。いかに菱芝電気といえども、営業であればともかく、システム部長では敷居が高いはず、との思いである。

「取締役に昇進されたそうですよ」

 茜が森岡の疑念を察したように言った。

  「へえー、取締役になりはったんか」

「来月から東京本社勤務になるので、送別会の流れで来られたのです」 

「それは良かった」

 と懐かしげに言った森岡の面に、ほどなく陰影が宿った。

 茜にはそれが理解できなかった。

「せやけど、どうせ裏切り者とか、ろくな噂やないでしょう」

 森岡は大変に優秀な技術者だった。通常、そのような技術者が退職すれば、会社にとっては大きな損失となるため、直属の上司の失点とされることが多い。これは決して大袈裟なことではなく、それほど優秀な技術者はなかなかに育たないのである。

 いわゆるシステムエンジニアやプログラマーといった技術者は、一定の時間を掛けて教育すれば誰でも一流になれるという類の職種ではない。また、学歴もさほど重要な要素ではない。

 確かにシステムエンジニアは、幅広い知識を身に付けているに越したことはない。だが、プログラマーは知識など無用の長物で、ひとえに「センス」が大きくものをいう。画家や作曲家といった芸術家の感性に通ずると言っても過言ではないほど、異能を必要とする分野なのである。

 当然、森岡も再三再四柳下の慰留を受けたが、それでも彼は我を通した。しかも、数人の仲間を引き連れての独立だったため、

『菱芝電気から遺恨を買った』

 と、森岡は憂慮していたのである。

「いいえ。部長さんたちを連れていらっしゃったのですが、凄く仕事ができたと、それはもうベタ褒めでした」

「ベタ褒め?」

 森岡は耳を疑った。彼には存外なことである。

「それはもう」

 茜は大きく肯くと、。

「自分が役員になれたのも、部長時代に、直属の部下だった森岡さんの会社に対する貢献が大きかったからだとおっしゃっていました。そうそう、森岡さんの仕事ぶりは、菱芝では伝説にまでなっているともおっしゃっていましたわ」

「伝説とは、またずいぶんと大袈裟なことを……」

 柄にもなく照れた森岡の傍らから、

「しかし、ママ。名前だけで、ようわかったな」

 痺れを切らしたように、谷川東良が二人の会話に割り込んできた。

「ええ。お名前が同じで、IT企業を経営されていると伺い、もしかしたらと思ったのですが、何よりも話を伺ったときに描いたイメージとピッタリでしたので、確信しましたわ」

「ほおー、どんなイメージか知りたいものだな」

 東良は、冗談とも本気ともつかぬ拗ねた態度を取った。お目当ての茜が初見の森岡に関心を寄せたことが気に入らないのだ。

 だが彼女は、

「谷川上人もごらんの通りのイメージです。でも話を伺ってから、なぜだか近い内にお会いできるような予感があったのです。それが当たって嬉しいわ」

 東良の揶揄をさり気なくかわし、

「そうだわ、噂の森岡社長さんとお近づきになれた印ということで、今日は私の奢りとさせて頂きます」

 と若さに似合わぬ気風の良さを見せつけた。

「おお、ママ。ずいぶんと腹が太いのお。なんか、後が怖い怖い」 

    体よくあしらわれた東良は、懲りずに精一杯の嫌味を浴びせたが、

「その代わり、今後とも足繁くお運びのほど、宜しくお願いいたします」

 彼女は開けっ広げに言うと、お茶目にペロっと舌を出してそれをも一蹴した。

「ははは……」

 東良は力のない笑みを浮かべるしかなかった。

 まるで役者が違った。茜の小悪魔のように愛らしい仕草は、東良の返す言葉を見事に封じ込めてしまったのである。

――なるほど。大変な美人で、気風が良くて、頭の回転も速い。そのうえ少女のような可愛らしさもある。これじゃ、大抵の男は参るな。

 森岡は、あらためて現在の彼女が有る理由の一端を垣間見た気がした。

「ところで、森岡さん。『ウイニット』ってどういう意味ですの」

 それは、茜に感心しきりの森岡の不意を突いた。

「えっ? ウイニット? ああ、ウイニットね。英語で『WN IT』つまり、『勝ったあー』とか、『やったー』という意味です」  

「まあ、ずいぶんお洒落ですね」

「いえ。本当のことをいえば、あまりお洒落でもないのです」

 森岡は頭を掻いた。

  「八年前、英国に行ったときに、アスコット競馬場に行く機会がありましてね。それまで、静かにレースを観ていた紳士淑女が、馬がゴールした瞬間、何か喚いている様子だったので、何を言っているのかとガイドに訊いたら、『WIN IT』、つまり『馬券を取った』ということだったのです。それが、頭にこびりついていて、会社作ったときに社名にしたのです。我が社も、やったあーと何度でも叫ぶことができる会社にしたいという願いを込めましてね」

 森岡はつい力説していた。

「まあ、そこまで詳しくおっしゃらなくても……森岡さんって、悪ぶっていらしても、意外と素直な方なのですね」

 茜は、凝っと森岡の目を見つめた。彼女の潤んだ瞳に、いつもは平静な森岡も、微妙な心のときめきを覚えずにはいられなかった。

 

 しばらくして、トイレの用を済ませた森岡を、茜が扉の前で待っていた。何事かと身構えた森岡に、彼女はお絞りを差し出しながら小声で話し掛けてきた。

「また、お会いできましたね」

「ほんまに。偶然とは恐ろしいものですね」

「再会できただけでも奇跡ですのに、これほど早いとは運命を感じます」

「運命というのは少々大袈裟ですが、何某かの御縁はあるのでしょうね」

 森岡は、過去にどこかであっているという想いを念頭に言った。、

「そうそう、あのご老人は」

 老人は同伴の客だったはずである。そうであれば、店にいるはずだったが、姿が無かった。

「一足違いでした」

 森岡らがロンドにやって来たのは二十一時三十分頃だった。老人は食事をした後、二十時過ぎに同伴し、一時間ほどで帰宅したのだという。

「あの御老人はかなりのお方でしょうね」

「はい。新大阪の……」

 と言い掛けた茜を、森岡が手で止めた。

「今は聞かないことにしましょう。いずれまたお会いすることもあるでしょうから」

「そうですわね」

 と同意した茜が意外な言葉を口にした。

「そうそう、森岡社長さん。週末の金曜日、お店に来て頂けませんか」

「金曜日に何かあるのですか」

「今日のお礼をしたいですし、実は今週の木曜日が私の誕生日なので、水木金の三日間はお店で誕生会を開きますの。金曜日は最終日なので、最後に打ち上げもするのですが、それにも参加して貰えませんか」

「誕生会ですか。ただでさえ客が多いのに、ママの誕生会やったら、それこそ大勢の客が来るんでしょう」

「ええ、おそらく」

「正直に言うと、あんまり慌しいのは好きじゃありません。できたら、落ち着いて静かに飲みたい方なので……」

「駄目ですか?」

 茜は気落ちした声で言った。

「それより、ママ……」

  と言い掛けて、森岡は思い止まった。

「何でしょうか」

 少し首を傾けた仕種が愛らしい。少女のような好奇心を輝かせる瞳に吸い込まれそうにもなる。

「いや、何でもない……それに、俺は今日が初めての客ですよ、もっと馴染みの客を呼んだ方が良いのと違いますか」

    森岡は、咄嗟に言葉をあらためた。 

 以前どこかで会っていませんかと訊ねて、使い尽くされた陳腐な口説き文句を吐いた、と誤解されたくなかったのである。

「だって、馴染みのお客様は、皆年配者ばかりですもの。森岡さんのように若くてハンサムな男性がいらっしゃると、女の子たちも張り切ると思いますので、是非お願いします」

 茜は、両手を合わせて拝む格好をした。彼女の恋人にでも 甘えるような仕草に、

――なるほど、こうやって客の心を掴むのか。

  森岡は、見え透いた手練手札に少々嫌気が差したのも事実だったが、このときある思惑が浮んでいたこともあって、

「うーん。約束はできませんが、時間が取れたら足を運ぶということで良いですか」 

 と曖昧な言葉を残して席に戻った。