安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > 小説のページ > 黒い聖域 > 第一巻 古都の変 > 第一章 乱雲(5)

カウンタ

COUNTER1743610

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人

IMAGINE

第一章 乱雲(5)

第一章 乱雲(5)

 

 

 森岡は語調を強めた。

「では、この先はどうなるのでしょうか? また、私は何をすれば良いのでしょう」

 同時に、彼は打開策に向けて前向きにもなっていた。この怖いもの知らずの若き成功者にとっては、致命的に不利な戦況もまた、闘争心を掻き立てる糧に置き換えてしまう勢いがあった。

 谷川は、その言葉を待っていたかのように、前のめりになった。

「まずは全員に当たりを付けて、情勢分析をせにゃならんが、とにかく、前回山際上人を支持してくれた三人をそのまま味方に固めたうえで、最低でも三人はこっちに寝返らせにゃならん。八人中三人や、難儀なことやで。しかも、誰に話を持って行くかも問題や。そこを間違えると、とんでもないことになる」

――なるほど、そういうことか。

    森岡は、ようやく谷川東良が出張った意味を理解した。

 

 神村正遠と谷川東良は、宗教人として正反対の道を歩んでいた。

 神村の生家は、ごくありふれた地方の末寺だったが、少年の頃より英邁の誉れが高く、総本山の滝の坊に入坊してからは、中原是遠の薫陶によって一気にその才能が開花した。しかも、仏道を究めるべく、死人も出ることのある百日荒行を十二度も敢行し、堂に籠もった日数は、有に千二百日を越えていた。

 天真宗における荒行とは、堂に籠もっての読経や瞑想、水行、観行を繰り返す修行のことを言い、その間の食事は朝夕の二回、共に一汁一菜である。

 荒行挑戦の年齢に制限はないが、最低限の経典を諳んじていることが必須であった。導師の判断で不適格とされた者は、容赦なくその場で退山を命じられ、通算三度の退山を命じられた者は、再度の荒行に挑む資格を失うことになった。

 これは自身と家門の名誉を著しく傷付けるものであり、余程の自信と覚悟がなければ、挑むことの適わない厳しい修行であった。

 導師とは、一般には人々に信仰心を持たせ、仏道に導く者を言い、法要や葬儀などでは中心になって取り仕切る者を指すが、荒行におけるそれは教授と考えればわかり易いだろう。

 さて天真宗の記録によれば、七百年を超える歴史の中で、千日荒行を達成した者は、神村を含め僅かに七名に過ぎなかった。千日荒行といって、百日荒行を十回達成すれば良い、という単純なものではない。

 毎回同じ内容の修行が繰り返されるのではなく、達成回数が増すに従って、読経しながら山野を歩く踏破回峰行(とうはかいほうぎょう)や、滝行といった新たな苦行が加わる。さらに睡眠時間を削り、より長く堂に籠もったり、水行の回数を増やしたりと、過酷さは極まるのである。

 しかも荒行は、正月明けから春先までの、酷寒の時期に実施される。特に踏破回峰行は、白衣の上に簡易の僧衣を一枚だけ纏い、素足に草鞋という出で立ちで積雪の山野を歩かなければならない。

 当然、命を落とす危険に晒されることも多くなり、落伍者も続出することになった。そこで、大抵の者は大本山・本山の貫主就任の資格が得られる五回で打ち切ってしまい、その先の修行に挑む者は極稀なのである。

 七百年を超える歴史の中で、千日荒行を達成した者が、僅か七名しかいないのはそのためであった。

 神村は、その千日荒行を百三十年ぶりに達成したため、宗祖栄真大聖人の生まれ代わりとも、稀代の傑物とも評されているのである。

 これに対して、同じ末寺でも室町時代初期から続く由緒ある名門の寺院に生まれた谷川東良は、恵まれた環境に育ちながら、荒行は若い頃のたった一度切りで、今やどっぷりと世俗の垢にまみれて生きていた。形ばかりの遊学を繰り返し、修行はおざなり、挙句に酒色におぼれ、放蕩無頼に生きて来ていた。

 ただ、その甲斐あってというべきか、純粋培養の神村とは異なり、世事に明るく、人情の機微に通じ、智謀に長けていた。皮肉にも、それがこの度の謀には好都合だといえたのである。

 また、兄東顕が関西寺院会の会長という要職の立場にあり、兄の名代と称すれば、いかなる寺院であっても容易く面会を求めることができ、情報も手に入れ易かった。

 そして極めつけは、神村とは父親同士が兄弟弟子、東良本人も小学校から高校まで二年後輩という、親子二代に亘って親交を深め、信頼が醸成されている間柄ということである。

 まさに谷川東良は、此度の参謀役にはこれ以上ない打って付けの人物というわけなのだ。

「そこでだ。寝返らせる上人が決まった後には……何だ、その……」

 急に谷川の歯切れが悪くなった。

 すでに自身の役割も察していた森岡は、その先の言葉を奪った。

「私が用意致します。如何ほどですか」

「そ、そうか……そうだな、一億、いやできれば二億ほどかな……署名捺印だけなら、一寺院あたり二百万ほどで済んだが、選挙となると最低でも一桁上の二、三千万ぐらいは掛かるやろうし……相手の出方によってはさらに上乗せせにゃならんかもしれん。なんせ、久保さんも前回の『金の出し惜しみをして敗れた』という苦い経験から、今回は相当張り込むやろうからなあ。それに、味方にもそれなりの配慮もせにゃならんやろ。相手もこちらに手を延ばしてくるかもしれんしな」

 谷川東良は時折目を逸らして、いかにも気まずそうに言い訳をしたが、森岡はあっさりと申し入れを受諾した。

「承知しました。それでは、三億用意しましょう。付け届けの他に、接待など色々物入りになるでしょう。全て私個人の金で用立てますので、入用ができましたら遠慮なくおっしゃって下さい」

「三億、それも個人の金ですと・……そうですか、金が必要になったら連絡します」 

 意表を突かれた東良は、思わず丁寧な言葉にあらためてしまった。神村から薄々聞いていたとはいえ、森岡が全く躊躇することなく、しかも一億円も上乗せするという想像以上の気前の良さに、度肝を抜かれたのである。

 しかし、すぐに気を取り直し、

「せやけど、単純に金を積めばええというもんではないからな。何しろ宗教の世界やからな、偏屈な奴もおるし、常人には考えられんプライドを持っている上人もおる。それに、人も見抜かにゃならんが、袖の下も慎重にせにゃならん。やり方を間違えると、これもまたとんでもないことになる。まあ、それがわしの腕の見せ所ではあるけどな」

 と己の存在価値を誇示した。

 あはは……と森岡は心の中で笑った。

 子供じみた谷川東良が可笑しくて仕方がなかった。もとより彼にすれば、谷川東良と手柄を競い合おうなどという気は毛頭なく、むしろ神村の役に立つ好機と純粋に喜んでいた。

 神村が、何事も無くすんなりと貫主の座に就けば、就任後の本妙寺の事業にいくら金を出しても、それなりの貢献でしかなかったであろう。他に出資者が現れればなおさらである。

 しかし、敗れれば捨て金となるやもしれぬ金など提供する者は皆無であろう。森岡は、そのリスキーな資金を提供することで、神村の力になっているという喜びを実感したいのである。彼は、もし自身の金の力で神村を貫主に押し上げることができれば、それこそ本望だと思っていた。

 彼はまた、神村の経歴に一つとして傷を付けたくないとも欲していた。神村には、ただひたすら真っ直ぐに、宗門の頂点を目指し王道を歩んで欲しいと願っていた。

 その神村を、こんなところで躓かせるわけにはいかなかった。そのためなら、彼はどんな泥でも被ろうと覚悟していた。汚く醜い仕事は、全て自分が引き受けようと腹を決めていたのである。

「よし。話が一段落したところで、さっさと料理を平らげてしまい、新地にでも行こうか」

 金の見通しが付いたからか、谷川東良は声高に言い、高級料理を口の中にかき込んだ。。

 とりあえず、東良が投票権を持つ各寺院の思惑を探る事と、今後は連絡を密にすることを決めて、話に切りを付けた。

 食事を終えた一行は、東良が馴染みとしている北新地の高級クラブ「ロンド」へ繰り出すことになった。