安岡久遠

 どうする日本、どうなる世界    安岡久遠 ブログと創作のサイト

 
トップ > 小説のページ > 黒い聖域 > 第一巻 古都の変 > 第一章 乱雲(4)

カウンタ

COUNTER1715974

黒い聖域

安岡久遠の小説「黒い聖域」


第一巻:本妙寺の変

第一巻:本妙寺の変
「要約」
森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……!続編『第二巻 裏切りの影』に続く。

第二巻:裏切りの影

第二巻:裏切りの影
「要約」
巨大仏教宗派『天真宗』の覇権を巡る争いは、ますます混迷の度を深めていた。ITベンチャー企業『ウイニット』社長・森岡洋介は、一度は凶刃に倒れたもの死地から生還し、次なる手段を講じていた。しかし、思いもよらない裏切りが森岡を襲う。裏切り者は誰か? 過去と現在が交錯し、さまざまな人々の思惑が駆け巡る。森岡は、どう決断するのか? 新たな手は何か? そして、森岡の宿願の第一歩が叶う日が来る……。続編『第三巻 修羅の道』近日公開。
 

関連商品

 

ブログ 新着情報

 RSS
小説の部屋 を開始しました。
序章
『策に嵌ったのは日本? 韓国?』
愛犬ゴン永遠の眠りにつく
アジアインフラ投資銀行にアメリカが参加できない真の理由
『阪神は優勝できない。2015セリーグペナントレース』
橋本大阪市長恐るべし。安倍首相-橋本市長の深謀遠慮
世相あれこれ
サッカーブラジルW杯・準決勝
サッカーブラジルW杯・準々決勝
サッカーブラジルW杯:決勝T1回戦総括と新代表監督選考
サッカーブラジルW杯・Gリーグ総括
サッカーブラジルW杯・コロンビア戦・戦評
サッカーブラジルW杯・ギリシャ戦・戦評
サッカーブラジルW杯・コートジボワール戦・戦評
『阪神・和田監督は凡将-3』
『恐るべしSMAP』
『日本プロ野球を斬る・日本代表監督は小久保で大丈夫か』
『サッカー日本代表:ブラジルW杯、代表メンバー決定』
コンフェデ杯・イタリア戦にみる日本代表の限界
コンフェデ杯・メキシコ戦で得た安心感
サッカー日本代表の現在地
サッカー日本代表:W杯組み合わせ考察
天才・柿谷曜一朗の未来と日本代表
コンフェデ杯・ブラジル戦にみる日本代表の分岐点
コンフェデ杯・メキシコ戦で問われる日本代表の真価
サッカー日本代表・10月欧州遠征
サッカー日本代表:W杯代表メンバー選考
サッカー日本代表:11月欧州遠征オランダ戦
韓国フェリー転覆事故
日本の正義と世界の信用1
サッカー日本代表:人生を分かつもの
日本の正義と世界の信用3
日本の正義と世界の信用2
サッカー日本代表:11月欧州遠征・ベルギー戦
楽天・田中将大投手と糞マスコミ
キリタニブログ閉鎖を惜しむ
祝・サッカー日本代表5大会連続W杯出場
国際情勢:ロシア、クリミア編入
宮廷の諍い女-3
宮廷の諍い女-2
宮廷の諍い女:ドラマ
醜態を晒す人々:昔の名前で出ています
悲報:やしきたかじん逝去
サッカー日本代表:本田ミラン移籍・背番号10
サッカー日本代表:ブラジルW杯組み合わせ決定
サッカー日本代表:反日本サッカージャーナリスト
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2・続き
猪瀬東京都知事・醜態を晒す人々-2
橋下慰安婦発言と売国奴(4026)

書籍 & CD

 
日本最○列伝
 

オンライン状況

オンラインユーザー11人
ログインユーザー0人

IMAGINE

第一章 乱雲(4)

第一章 乱雲(4) 

 

 森岡が師と仰ぐ神村正遠僧正は、その天真宗において、明治以来の傑物との高い評価を受けている、紛れもない高僧であった。

 一九七十年の秋、神村は弱冠二十八歳にして、総本山真興寺の護山である高尾山奥の院の経理に就任する。本山格に準ずる、奥の院のナンバー三である経理を二十代で務めるのは、記録が残っている限りにおいて初めてであり、極めて異例なことであった。

 宗祖栄真大聖人の、側近中の側近の家系であり、これまで幾人もの法主を輩出してきた、総本山の有力宿坊の一つ「滝の坊」の住職・中原是遠(なかはらぜおん)が、奥の院の別当(べっとう)に就任した折、十三歳で得度して以来、十五年の長きに亘り手塩に掛けて育て上げ、その稀有な才能に宗門の未来を託していた神村を、半ば強引に引き入れたものだった。

 別当とは、長官すなわち責任者のことで、大本山や本山における貫主と同じ立場である。

 それから二十四年の歳月が流れた三年前、神村はまたしても五十二歳という異例の若さで、京都大本山本妙寺の執事長に就任し、同寺院次期貫主の最有力候補となった。もし五十代にして、大本山の貫主就任ともなれば、これまた明治以降初めての、前代未聞の快挙となった。

 法主ただ一人にのみ与えられる、最高位の称号「大僧正」の次に位する「権大僧正」を授かる大本山や本山の貫主人事は、七十歳を目安とした老僧の花道を飾る意味合い、言い換えれば実質的な引退を間近に控え、功績として与えられる名誉職というべき要素が多分にあった。

 とりわけ、全国に九ヶ寺しかない大本山に至っては、さらにその傾向が色濃く、明治以降六十代で就任した者ですら、僅かに三名しかいなかった。しかもそれは、戦中戦後の貧しい時代、多額の費用が掛かる貫主就任に二の足を踏んだ頃の話であり、現代においては到底考えられない至難の業であった。

 神村は、その偉業を達成すべく、若い時分より長年に亘って粉骨砕身の精進を重ね、ついに手の届くところまで辿り着いていた。

 通常、大本山や本山において、寺院のナンバー二である執事長の座に就くということは、次期貫主内定者と目され、余程の異変がない限り、そのまま貫主に就任する運びとなっていた。

 なぜなら、次期貫主の選任は、現貫主の推薦――大抵は執事長を推薦する――を総本山の宗務院が承認する形式を採っていたからである。何らかの理由で、現貫主の推薦が無い場合に限り、合議または選挙という運びになったが、その何らかの理由というのもなかなかに生じ難かった。

 次期貫主と同様、執事長の選任もまた現貫主の専権事項であり、有資格者の中から自身が最も信頼を置き、後継者とみなした者こそをそこに就けたからである。

 神村も本妙寺の現貫主・山際の意向の下、そのようにして執事長に就任していた。

 故に、その辺りの事情を承知していた森岡にしてみれば、いまさらそれが反故になることなど、到底信じられることではなかったのである。

 

 釈然としない様子の森岡に、谷川東良が事情を話し始めた。

「君が奇異に思うのも無理はない。それがな、森岡君。残念なことに、山際貫主が急逝されてしまったんや」

「貫主が亡くなられた? いつのことですか」

 森岡が驚きの声で訊いた。

「二ヶ月ほど前のことなんやが、脳梗塞で倒れられてな、そのまま永眠されてしもうた」

「そんなことが有ったとは、知りませんでした」

 大学卒業と同時に、神村の自坊である経王寺を出た森岡ではあったが、年中行事に参列するなど、月に一度の割合で神村と顔を合わせていた。独立してウイニットを立ち上げてからは、毎月初めの吉日を選んで、自宅と会社に祭った御本尊に読経を依頼していたことから、その頻度は増していたが、そのような事情は聞いていなかった。

「一週間前に、四十九日の法要を済ませたところやねん。神村上人はそれからタイに旅立たれたんやけど、せめて上人を次期貫主に推薦する旨の遺言書でもあれば、事態はそれほど複雑にはならんかったんやが、奥様の話によると、半年後の勇退に向けて、宗務院に提出する書類の準備に取り掛かった矢先の急逝だったということや」

「間が悪かったのですね」

 とりあえず、事の発端が飲み込めた森岡は、谷川のグラスにビールを注ぎながら気懸かりな点を訊ねた。

 「そうしますと、今後の行方はどうなりますか」 

 「そこなんや。後継に関して一言も公に証言することなく亡くなった場合、前貫主の後継指名が無いと判断され、神村上人が貫主に就任する段取りとしては、まずは六名の署名と捺印が必要となるんや」

  谷川が指折り答えたその六名とは、

 

     天真宗

  京都・本山会会長、法国寺(ほうこくじ)・黒岩上人 

  京都・寺院会会長、清浄寺(せいじょうじ)・大道上人

  関西地区・本山会会長、桂妙寺(けいみょうじ)・村田上人

     関西地区・寺院会会長、雲瑞寺(くもみずでら)・谷川上人

  本妙寺・護寺院会長、華福寺(かふくじ)・相馬上人

     本妙寺・護山会会長、歌舞伎俳優・片山甚左衛門

  であった。

  歴史上の経緯から、京都は関西地区から独立していた。

 

  神村を次期貫主とする推薦状に、彼らの署名と承認印が必要だというのである。

 「えらい面子ですね」

  森岡は思わず溜息を吐いた。一千年の長きに亘り、我が国の都であった京都の大  

 本山ともなれば、錚々たる人物の承認が必要であった。

 「もっとも神村上人の話では、それも難しい事ではなかったということや」

  谷川は、さも口惜しそうに口の端を歪めた。

  京都、関西の両本山会の会長とは亡き山際を介して親交があり、口頭ではあったが了承を得ていた。京都・寺院会会長の大道上人は、神村が得度、修行した滝の坊での兄弟子、関西地区・寺院会会長は谷川東良の実兄東顕(とうけん)が務めていたので、両名とも全く問題はなかった。

  護寺院会長の相馬にしても、執事長に就任してから宗務を通じて良好な関係を築いており、残る護山会会長は、関西歌舞伎の大名跡・片山甚左衛門の名を借用しているだけであった。したがって、問題はないと判断し、森岡には黙っていたというのが真相であった。

  護寺院とは、本院を補佐する役目を担った寺院のことで、本院の敷地内または近辺に建立されていた。また護山会とは、葬礼儀式などを依頼する檀家と違い、寺院を支援する組織のことである。従来、寺院の多くは『山』にあったことからこの名が付いた。

「では、どうしてそれが白紙になったのでしょうか」

    谷川の話を聞いて、森岡には不可解な思いが募るばかりだった。

 核心に迫る問いに、谷川は森岡のグラスにビールを注ぎ返しながら、

「ちっ」

    と舌打ちをすると、

 「造反者が出たんや。造反者が……」

  いかにも憎々しげに吐き捨てた。

 「造反者?」

 「そうや。ここにきて、関西地区・本山会会長の村田さんが、署名捺印を拒否したんや。宗務院の承認を得るためには、前貫主の死後二ヶ月以内に、六名全員の署名捺印のある推薦状を宗務院に提出せにゃならんのや。それを直前になって、村田さんは断ってきたんや。どうやら、神村上人が外遊に出る隙を狙って反旗を翻し、根回しを進めようという腹積もりやな」

 谷川は、村田光湛(こうたん)を他の僧侶のように『上人』という敬称ではなく『さん』付けにした。

 現代日本において、宗教界というのは、僧階による最も厳しい階級社会が残っている世界といえよう。むろんのこと長幼の序はあるが、それは兄弟弟子か、あるいは荒行などの修行時に何らかの深い関わりを持った場合ぐらいである。

 村田は二十歳も年上の大先輩で、しかも権大僧正の僧階を授かっており、権大僧都の谷川より四階級も格上の高僧であった。にも拘わらず、敢えてさん付けにしたところに彼の敵意が如実に表れていた。

「今回の外遊は、法主さんのお供ですから、その村田という人も、予定を把握していたということですか」

「そういうことやな。法主さんは、国賓として招請を受けたタイだけやが、神村上人はついでに足を伸ばしてスリランカを訪問される予定やから、帰国は五日ほど先になる。向こうはそこまで調べていたのかもしれんな」

「かなり計画的なようですが、裏切りなど臆面も無くようできますね」

    森岡は呆れ顔で言った。

「留守中に署名捺印を拒否する旨の書面を送り付けてきたことからしても、口頭とはいえ、一旦了承した事を反故にしようというんやから、さすがに面と向かって、というのはばつが悪かったんやろうけどな」

    谷川も眉を吊り上げると、

「それでや……」

 と今後の見通しを述べた。

 署名捺印が一人でも欠落している場合は、その推薦状は無効となり、提出期限後三ヶ月以内に京都を含めた関西地区の大本山と本山の貫主全員による合議で、次期貫主を推薦する形を採る。

 すなわち、京都にある大本山と本山の八寺院から、当該の本妙寺を除く七寺院と、京都以外の関西にある大本山と本山の四寺院、合わせて十一寺院の貫主による合議により、立候補者から一名を推薦し、宗務院の承認を得る形式を採るのである。

「おそらく、話し合いで一人に絞られることはないやろから、最後は当然投票になるわな。一人に纏まるのやったら、端から署名捺印をせえへんということはないからな」

「立候補の条件というのは」

「簡単や。荒行を五回以上達成している者なら、全国の大本山と本山の貫主のうち、一人の推薦があればええ」

    谷川は憤然として言った。

 こうして話が佳境に入ったとき、女将が若女将を連れて挨拶にやって来てしまい、話を一旦中断することになった。

    森岡は、この間を捉えて坂根を部屋に呼び、これまでのあらましを説明した後、話の続きとなった。

「それで、投票となった場合の勝算はどうなのでしょうか」

 森岡は単刀直入に切り出した。

 もちろん、彼にも情勢の芳しくないことは察しが付いていたが、そこがこの会合の要諦であり、自身の役割もそこにあると直感していたのだった。

「あかん、かなりまずいんや。村田さんが署名捺印を拒否したということは、必ず背後に誰か糸を引いている者がおるとは思っていたんやが、まさかそれが久保さんやったとはなあ」

    谷川はしかめっ面をしたが、森岡は名前に聞き覚えがなかった。

    首を傾げた森岡に、

「そうか、君は知らんわな。いや、久保さんというのは、岐阜県大垣市にある法厳寺の住職でな、実は五年前にも山際上人と本妙寺の貫主の座を争って、一度敗れている人なんや。敗れたとはいえ、非常に手強い相手で、そんときも激しい戦いやった。もう、最後までどっちに転ぶかわからんでなあ、六対五という、ほんまやっとのことで勝ったんや。そのときの功績もあって、後に山際上人は自身の勇退を睨んで、神村上人を執事長にしたというわけや。そやから、久保さんにとってみれば、神村上人は二代に亘る積年の仇敵ということになるな」

  と、谷川は過去の経緯を詳らかにした。

 「そういうことがあったのですか。良くわかりました」

  森岡はつい反射的に、そう口に出してしまった。

  谷川は、それが気に入らなかった。

 「いや、まだ全然何もわかってへんな!」

  と即座に強い口調で咎めた。

  谷川を苛立たせているのは、六対五という薄氷を踏む勝利を収めた前回選挙時の十一人の貫主のうち、現在は三人が代替わりをしているのだが、その内の二人が、当時山際を支持した上人という事実だった。つまり、三人を除くと、四対四の全くの五分となり、そこから村田が寝返ったのであるから、三対五ということになるのだ。

 ちなみに、十二ケ寺の寺院と貫主は左記のとおりである。

 

 京都  大本山     法国寺 黒岩 

             傳法寺 大河内

             本妙寺 山際(死去)      

      本山        国龍寺 安田       

                   清門寺 戸川     

              顕心寺 酒井        

              桂国寺 坂東 

              相心寺 一色 

 

 関西  本山  奈良 桂妙寺 村田  

            奈良  龍顕寺 斐川角 (ひかわすみ)    

         三重  法仁寺 広瀬  

         大阪  経門寺 北見

 

 このうち、山際支持だった国龍寺と法仁寺、久保支持だった顕心寺の貫主が、それぞれ安田、広瀬、酒井に代わっていた。

 これらの新しい三人の貫主がどちらに与するかは、まだ明らかになっていないが、久保も五年の雌伏の時を破り、再び決戦を挑んできたからには、前回と同じ轍を踏むまいと、周到な準備をしていると思わねばならなかった。

 森岡の緊張を看て取った谷川は、一転諭すように続けた。

「つまり、その三人もすでに取り込まれていると思わにゃならんし、そうだとすると、形勢は三対八ということや。それにな……」

    谷川は途中で視線を逸らした。

「まだ他に何か」

 あるのか、と森岡は訊いた。

「いやあ、本人が居られんのは、欠席裁判みたいで心苦しいのやが」

 そう前置きすると、

「今更言うまでもなく、神村上人の僧侶としての実績は素晴らしいものやで、非の打ち所がないほどや。あの若さで大本山の貫主になっても、ちっともおかしくはない。しかしな、それは若い僧侶にとっては尊敬と憧憬の対象になるかもしれんけど、年配の僧侶にとってはどうやろなあ。少なからず、嫉妬の対象になるんと違うかな」

 と奥歯に物の挟まったような言い方をした。

 少々鼻に付いた森岡ではあったが、彼に言われるまでもなく、特に自らが七十歳の坂を越えて、ようやく貫主の座に付いた者の中には、二十も年若い五十代の貫主など、とうてい承服できないと思う者がいてもおかしくなかった。前例も無いだけになおさらである。

「そりゃあ、山際貫主の存命中は、貫主の手前、腹に思うことも抑えて神村上人を後継として認めたかもしれんが、貫主亡き現在(いま)なら、村田さんのように反旗を翻す者がおってもおかしいないと思うんや。せやから、最悪の場合を考えれば、味方であるはずの三人かて当てにはできんとうことや」

    谷川はそう言い終えると、喉の渇きを潤すように、一気にグラスを傾けた。

「今度こそ、きちんと受け止めました」

 森岡は、谷川の言葉の意味を心に刻み込んだかのように言った。そして、彼の淡々とした口調が、却って事の深刻さを浮き彫りにし、やるせない思いを募らせていた。

    確かに人間とは嫉妬深い生き物である。他人の成功や幸福を羨み、失敗や不幸を喜んだりする。

    しかしそれは、一般世界に生きる俗人の所業であって、厳しい修行を積むことで精神修養を図り、そのような煩悩こそを遠ざけているはずの宗教人においては、有り得ないことだと思っていた。

 いや、森岡もそこまで純真ではない。

 宗教の世界といえども、少なからず魑魅魍魎(ちみもうりょう)の集まりであることなど、疾うの昔にわかってはいた。ただ、尊崇する神村のこととなると、彼はつい純真な幻想を抱いてしまうのである。

――神村のほどの傑物を前にすれば、皆平伏し、誰一人として敵対する者などいるはずがない。神村の宗教人としての足跡は、嫉妬などという陳腐な劣情を、それほどまでに凌駕しているのだ……という風にである。

 だからこそ彼は、神村とて例外ではない、という現実を突き付けられ、実に嘆かわしく失望していたのだった。